2017年05月04日

8850製作中 その20

公式側コンプレッサー廻りの配管をやりました。

8850-41.jpg
一応昭和10年台初頭のイメージなのでスッキリを心がけています。

8850-40.jpg
ちょっと放熱管の高さがありすぎたかなと言うところデス。
もうコンマ5位低くてもいいかな? 一応図面通りではあるんですが・・・。
写真と比べるとハンドレールもちょいと低めかな?

明日もちょっとした野暮用がすめば模型三昧・・・。


posted by しんちゃん at 00:59| 長野 | Comment(0) | 8800・8850 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

8850製作中 その19

公式側もエアータンク コンプレッサーを付けました。

8850-39.jpg
コンプレッサーは取付台も簡略化ながら付けて見ました。
まだボイラーとランボードはまだビスのみでの仮止めですがどのタイミングで本固定をするか悩むところです。
キャブの窓は金色の磨きだしですが後々楽なように妻板もボイラーとはビス止めです。
ちょっとボテッとしていた煙室ハンドルもスッキリしたものと交換。安全弁も最近のお気に入りのアダチ製にしました。
これで大体の大物パーツは付きましたので後はパイピング。
連休中には大体の形にしたいところです。



posted by しんちゃん at 01:45| 長野 | Comment(0) | 8800・8850 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

8850製作中 その18

GW二日目はエンジン部に戻りシコシコやりました。
火室下部がまだスケスケだったので火室と灰箱部を作りはめ込みました。
8850-37.jpg
せっかくフレームを抜きましたが第1動輪付近はギヤーで 第3動輪付近は灰箱でむこうが透けなくなってしまいました。
ここにウエイトを詰めれば後部補充になります。

8850-38.jpg次いでエアータンクを付けてカバーを付けました。
キットのプレス抜きのままではだれた感じがしたので作り直します。
タンク前後の枠を0.8tから抜き中の支えを帯板から、上板は洋白で作り直しボルトを植えました。
ああでもない、こうでもないと一日掛けてやっとここまで。

今年のGWは特に予定も無いので一人家に残って模型三昧となりそうです。
せっかくのまとまった休みなのでこの休みだけで何かまとめようかとも思いましたが8850が放置される恐れもあるのでこのまま8850を進めようと思います。
昔は倶楽部の運転会3日連チャンなんてやりましたが最近はみんな元気がないな〜



posted by しんちゃん at 00:37| 長野 ☀| Comment(0) | 8800・8850 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする