2017年10月27日

D51直江津ガマ製作中 その7

テンダーの仕切り板などを作って本体へ。
D51185-15.jpg
後部仕切りは板を作り直し補強リブは角線を削って三角錐にしたものを付けました。
吊り環取付のリベットは写真ではよく見えないかも知れませんが5個が斜めに付いた長野式?を付けました。
この吊り環 末期は廃止され本来の吊り環をリベットで補強して使ったようです。
で、末期は片側4個分のリベットが付いています。

ここら辺で一旦本体へ戻ります。
ドームは どーむイマイチ気に入らずアダチのものを使おうかと。
D51185-17.jpg
全体の感じは右のカツミの物がキレイなんですが前端の立ち上がり部がねていたり後頭部が扁平だったりでたたき出してみたりしましたがチョット気に入らないのでアダチ製を起用します。リベットは削って植え直しかな。
砂撒き管元栓もチョイと位置下げします。

D51185-16.jpg
並べてみました。
いろいろ調べてみるとD51185、末期は鋳鋼タイプの従台車を付けていたようですが30年代半ばはどうだったのか分からないので原形でいきます。
珊瑚の鋳鋼タイプがあったのですがピタッといかず交換は取りやめました。




posted by しんちゃん at 00:38| 長野 | Comment(0) | D51 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

D51直江津ガマ製作中 その6

今日は頑張ってテンダーのディテール工作をだいぶ進めました。

D51185-13.jpg
背面はこんな感じ。この時代(昭和30年代後半)はまだヘッドライトは付いていませんでした。
テールライト 電線管 暖房管受け付きステップなどを追加しました。

D51185-12.jpg
コック類はキットのまま バルブ 水受け 手ブレーキギヤボックスなどを追加。

D51185-11.jpg
数あるT-1型テンダー台車の中でもカツミ製のこれが一番スッキリしていいかも。
軸箱蓋も左右で作り分けているし組み立てる手間もないし。
でも写真では反対に付いてます。

台風が来そうなんですがどうなるでしょう?
長野県北部のここら辺は割と被害の少ないところで子供の頃 大きな台風が来るというので幼稚園が休みになり、自宅待機。
どんな嵐になるのかとワクワクしながら一日中二階の小窓から外見ていましたがたいした風も吹かず拍子抜けした思い出があります。 しかし今年は近年になく悪天候がが続きうちの駐車場のコンクリートも雨水が流れるところは緑色に藻が付いています。今まであまりなかったことです。
からっと晴れてくれないと塗装も出来ませんネ。


posted by しんちゃん at 02:28| 長野 ☔| Comment(0) | D51 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

D51直江津ガマ製作中 その5

チョット気分を変えてテンダーへ

D51185-10.jpg
キットのままではあまりに寂しいので簡単に梁を追加してみました。
帯板 角線でチョチョっとやってみましたがひっくり返さないと見えないんですよね。
後部ステップはエコーのパーツに変えましたがあまりに実感的すぎて強度不足と思いましたので裏に補強を足してあります。


ここのところ野暮用 イベントなどが続きイマイチ模型に身が入りませんが気力を振り絞って・・・・


続きを読む
posted by しんちゃん at 00:12| 長野 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする