2018年01月30日

8850製作中 その29

8850塗装完了しました。

8850-69.jpg
この光景を夢見て 20年ほど前珊瑚のナハ22000系を手に入れましたがそれが漸く形になりました。




8850-65.jpg
塗装組み立てが終わり化粧をしてみました。
と言っても窓枠を磨きだしてガラスを入れナンバープレート類を付けただけですが。
昭和10年頃の八高線あたりの形態と言うことでチョットさっぱりしすぎかなと言う感じです。
当時のことですから手入れは行き届いていたでしょうからそれ程汚すわけにもいかず、また煙室もフルジャットのようですから,
艶も落とせず余計単調になります。
どのようにウエザリングするかこれからの楽しみです。

8850-67.jpg
もう少し腕があればシリンダーの点検蓋の膨らみとか付ければもう少し目リハらが付いたのにと思いますが・・・。

8850-66.jpg
火室下部のフレーム内にウエイトを追加したので多少牽引力アップしたのではないかと。
ロッドはメッキしなおしましましたがチョット光りすぎるので軽く黒を色差ししてみましたがもう少し鉄っぽくなる方法ないでしょうか?

8850-68.jpg
冒頭の写真のカラー版。
戦後まで生き残って炭礦鉄道で黙々と働く姿も一度は作って見たいですがこうして本線で旅客列車を牽く姿も堂々としていいものです。
それにしてももう少しマシな撮影台を作らねば・・・・。



posted by しんちゃん at 22:30| 長野 ☀| Comment(2) | 8800・8850 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

キハ07製作中 その6

キハ07は窓ガラスも入れてウエザリング。

キハ07-18.jpg
窓は上段と段差が付いていて実感的なのですが前面窓には閉口しました。4mm弱x5mm程度のピースをはめ込まなければなりません。それも12枚。更に下段も。ボンドははみ出すし傷は付くしで散々です。せっかくの2段窓ですがアップには耐えられません。

キハ07-19.jpg
ヘッドライトは手元にあったロストのLP42を使いましたがどこのパーツを使ったか分からずレンズも不明なのでアクリル棒を挽いて入れました。

キハ07-20.jpg
車体は茶系や黒を薄く溶いたエナメルを塗り乾燥後溶剤を含んだ綿棒で拭き取りましたがチョット汚くなってしまいました。
下回りは茶を中心に吹いてあります。

これで漸く2両のキハ07が揃いました。幼年期に見た唯一の明確な記憶にあるキハ07 2連の飯山線の通勤列車を再現できます。
眺めていると 亡き荒崎良徳氏の祖山線のような 飯山線を舞台にしたレイアウトを作って快走させている光景が浮かんできます。


posted by しんちゃん at 00:36| 長野 ☀| Comment(0) | 気動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

D51直江津ガマ製作中 その23

非公式側のランボードより上の部分がおおよそ出来ました。

D51185-53.jpg
清缶剤挿入装置と下部の釣合箱?をそれらしく作りました。
重油併燃装置の配管も排出コックと止弁を付けそれぞれ配管。予熱管は1mmのパイプをかぶせてありますが今回は配管が混んでしまいいつもより中心寄りにずれてしまいました。重油タンクへのステップを忘れないようにしなければ。


posted by しんちゃん at 22:25| 長野 ☁| Comment(0) | D51 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする