2017年07月08日

C51製作中 その11

水槽車が大体出来ました。

C51-17.jpg
手すりも付き上回り工作終了。
ハンドレールノブの頭が少し大きいような感じです。

C51-18.jpg

床下はブレーキシリンダー エアータンク等がロスト製でデテールフルです。パイピングも取付。
エアーホースもロストなのは同社の貨車とは違うところ。
機関車につなげてみるとさすがに長いですね、我が国最長の蒸気機関車かな?

実物がミキ20になってからの写真はどこかの庫の中にいる写真を一度見たような気がしますが さっぱり出てこないのは残念です。入れ換え用の96につなげてブレーキ力補強にも使われたと言うのもどこかで見たような? C62のテンダーも使われましたよね試験に。
そう言えば小海線の中込の庫にタンク車がいましたがアレは水運車だったのかしらとふと思いました。


posted by しんちゃん at 23:50| 長野 ☀| Comment(0) | C51 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

C51製作中 その10

水槽車製作中

C51-16.jpg
まあタンク車作るのと似たようなもんだろうと高をくくって作り始めましたが苦戦中。
まず あまり説明書を見ずに始めたのでやり直し続出。
フレームを一回組み直したり、タンクの歩み板を付けるのに脚がうまく付かず悪戦苦闘の結果 先に巻かなければいけないバンドを忘れてやり直し とか愕然とすることばかり。脚を差す穴がでかすぎる!!
ボイラーバンドは0.3tの帯が付いていたのを0.2tの洋白帯に替えましたがエッチングぐらいのメリハリでもいいような。でも本体プレス抜きだったのでハンドレールノブはきっちり付きました。
テンダーを作るよりよほど手間が掛かります。
台車はダイキャスト製が付いていますが、発売以来そろそろ半世紀という実績には敬意を払いつつも何となく野暮ったい印象なのでここは軸ばね可動の最新版に交換か!? ボルスターの高さは一緒かな? そこら辺は組み立て保留にしておかねば。
失敗と言えば 牽く客車が7両と軽量ながらあまり自重がないとちょっと心配だったのでウエイトを積もうと鏡板の固定を後にする予定が何の気なしにハンダしてしまった・・・。タンクの底補強に0.8t板を入れておいたので気休めぐらいにはなるかしら。

何となくここのところそわそわしていていけません。仕事も趣味も何となく中途半端で・・・。模型くらい落ち着いて作りたいものですが・・・。




posted by しんちゃん at 00:13| 長野 ☁| Comment(1) | C51 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

C51製作中 その9

非公式側もエアータンク ランボード下のパイピング等製作。

C51-14.jpgボイラー廻りの大所は大体出来ました。
給水管や暖房管は、従台車が動くのでそこのところを避けると不自然な形になりますが仕方ないですね。

C51-15.jpg
ここら辺で大体の様子を見ようとバルブギヤーを組み込んでみました。
キットに入って居るものをそのまま組み込みましたが思ったほどすんなりいかず・・・。
まず主動輪のクランクピンが長すぎるので詰めます。珊瑚のもそうなんですがリタンクランクの穴が大きすぎ。
すり割り部を削って縮めます。 クランクピンの短縮が先なら太めにしておけば良かったンですが。
バルブギヤーもピンが大きすぎたり長すぎたりですんなりいかないので要再調整。
バルブスピンドルがラジアスロッド一体で楽ちんで良いかなと思いましたがあんまり良くなかったです。
外してバラして表面も調整して再組み立てです。

C51の動輪の変型は大変だったようですが 日本の風土が多湿で鋳鋼には不向きと言うことを聞いたことがあります。
米国のビッグボーイなどの超大型機などはシリンダー フレーム一体鋳鋼だとか。独国などもスポークの変形など心配せず2mの動輪を平気で作っているし。工業力の差も大きかったんでしょうね。そんなんでボックス動輪が良かったンですね日本では。C57はC55の例を見るとまあスポークでも何とかとは思いますがC59やC62がスポークなんて言うのはあんまり想像したくないですね。煙室の丸みが似合わないし。もっとスポーク太くして本数減らせばいいかな、水かきもでかくして。
最近の機関車評論家(か?)はやたら当時の設計を批判したりしていますが当時の工業力を考えれば最善とまでは行かなくても結構頑張っていたと思いますが。
C51なんて本格的な国産機としてはまだ数番目ですしね。それにしてはよく出来た機関車だと思います。
(独り言)

キャブ内はどうしようか悩んでます。ホワイトメタルの付属のバックプレートにしようかウイストのか、はたまた自作か。
ウイストのはインジェクターが2個付いているので左のを撤去しなければいけないんですがうまく削れそうにありません。
作るにしても水面計 旧型インジェクタ右が手元にないので探さなくてはならないし・・・・。
こんなのはどうひっくり返っても自分じゃ作れないし。どっかで妥協せねば。

posted by しんちゃん at 00:32| 長野 ☔| Comment(2) | C51 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする