2021年11月13日

C55製作中 その11

C55仕上げ段階になってきました。

C55-30.jpg

C55-31.jpg
最後まで残っていた灰箱開放ロッドを付けました。よく見えないところなので 灰箱本体や軸受などは省略。 付けると全体が締まって見えます。

C55-33.jpg
テンダーにも火かき棒を載せます。最初に作ったときのままあまりいじらないで完成とします。

C55-34.jpg

C55-29.jpg
あまりパシフィックは作ってきませんでしたがこうしてみると中々良い感じです。これで一気に塗装といきたいところですが試走の結果 曲線での走行がイマイチ。動輪の軸箱を替えたときにつばが薄かったのでフレームにスペーサーを貼って横動を制限したのが裏目に出てスムースに走りません。またいつものD51などと比べると先輪部のオーバーハングが大きく尻棒に当たります。塗装前に修正です。

まぁ、とりあえず生地完成と言うことでC56に専念します。






posted by しんちゃん at 14:09| 長野 ☀| Comment(0) | C55 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月02日

C55製作中 その10

主電動機を搭載しました。

C55-28.jpg
前回9600にも搭載したワールドのコアレスモーターをつかいました。両軸なのでフライホイールも取付。9600の時より一回り大きく出来たので走行感はよりスムースになり中速で動輪一回転ぐらい惰行します。まだ本格的な試運転は出来ていませんが重仕業が想定されないカマなのでそれ程心配は無いのかなと思っています。客車 ブラスで6〜7両牽ければ十分と思うのでウエイトも程々にする予定です。

それにしても早く運転会したいなと思う今日この頃です。
posted by しんちゃん at 10:09| 長野 ☁| Comment(0) | C55 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月31日

C55製作中 その9

公式側 キャブ下などを進めました。

C55-29.jpg
分配弁 泥溜め 速度検出装置ステーなどを取り付けました。ステーは0.8の角線の加工です。ポロッと取れないように交差部、取付部は真鍮線を植えて補強しておきました。分配弁廻りの配管は床分割の関係もあって本体側とは分断されています。

C55-28.jpg
バルブギヤーも組み込みました。合併テコなどは少々形態的に難がありますが ほぼ初めて自作したバルブギヤーなのであえて再用しています。
エキセントリックロッドは油壺付きで新製しました。 いつも通り前進フルギヤーです。

C55-27.jpg
キャブの手すり 発電機排気管なども付きいい感じになってきました。もちろんATS発電機は付けません。どうもC559は付ける前に廃車になっているようです。福知山ではC54と同列の扱いだったのでしょうか。末期の写真ではデフもゆがみC55らしくないよれた姿が残っています。

ふと気が付けばもう11月になろうとしています。例の災害も始まってもうじき2年。自粛疲れと言うより自粛慣れして落ち着いてきてしまいました。暇にも慣れ毎日シコシコ機関車工場をしていますが時間があるのにも慣れてしまい緊迫感のないだら〜っとした毎日です。もう運転会も久しくやってない。そろそろ何とかしたいなぁ。




posted by しんちゃん at 01:11| 長野 ☀| Comment(2) | C55 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする