2019年06月13日

ハチロク製作中 その36

頑張ってキャブを作り直してみました。

18688-81.jpg
洋白0.3tから切り出しました。真鍮だと曲げてしまったり傷を付けたりなので硬いベースにしました。リベットは0.3の真鍮線を植えました。ブラシで擦ると少し頭が丸くなってリベットっぽくなります。
実機のリベットは細かいのが窓の下に2段になっていましたがそんなに細かいのは出来ないのでキットの標準的なスタイルを踏襲しました。窓の縁は0.2X0.5の帯板です。

18688-82.jpg
こんな感じです。少しは感じが出たかしら? 縁が少しゆがんでしまいましたがヒサシが付けば少し隠れるでしょう。

18688-84.jpg
こっちもピシッとはいきませんでした。罫書きの段階からダメなようです。エッチングでベースを作ればもう少し良くなるかなぁ。そうすれば嵌め殺し窓のビス頭も出来そう。しかし0.2位の穴を開けられなければきびしいかも。

18688-83.jpg
塗装したらやっぱりダメだったなんて言うときのために元の方も残しておいてその時に備えます。
リベットなんかははっきり出るのでその辺は期待したいところですが、窓開けなど基本的なところはもっともっと修行しなくていけないようです。



posted by しんちゃん at 01:32| 長野 ☔| Comment(1) | 8620 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

18688のこと

jf4015さんのコメントでのご指摘通り18688の機関士窓は拡張されていました。

222レ三才.jpg
飯山線222ㇾ牽引中の写真です。機関区で撮った同機の写真はたくさんあるんですが なぜか公式側の分のネガが極端に少ないんです。見通しのいいところに駐機していた時に周りを一周して撮ったことがあり その時のネガを探したんですがなぜか公式側が少ない。 一周と言っても今のデジカメと違って36枚撮りか20枚撮りなので知れていますが。当時はモノクロフィルムでも貴重でした。ちなみに上の写真はさくらクロームです。

公式側はこんな感じの写真ばかりなので窓拡張に気が付いたのはキャブを組み立てた後でした。長野の他の86 5両は普通の窓だったのでまったく気にしていなかったのが原因でしょうか?自分なりの図面は書くべきですね。 最近こんなチョンボが多いです。このままやってしまおうかなんて思ったり。前方の嵌め殺し窓のふちが薄いのが気になっているので何とかせねばとも思うし・・・どうすべ〜


posted by しんちゃん at 00:05| 長野 ☔| Comment(1) | 8620 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

ハチロク製作中 その35

今日もパイピングをシコシコとやりました。

18688-79.jpg
公式側を中心に進めました。
分配弁は台枠側に付けたのでキャブ取り付けねじへのアクセスは良好。速度計の歯車箱ステーはチョットゴツいかな?
空気関係のパイピングをしていて放熱管がはしごの外側にあることが判明。思い込みではしごの方を外に固定するところでした。ぎりぎりのところでセーフ。最近そういうの多いな はぁ。

18688-80.jpg
だんだんいい感じになってきましたが、まだまだ細かいところがたくさん残っています。
ネットであちこちのぞいていたら やっぱりキャブ下のブレーキシリンダーやっている方いました。が、雑誌見ても蒸機は少なくなってきましたね。
posted by しんちゃん at 03:26| 長野 ☔| Comment(2) | 8620 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする