2019年07月07日

ハチロク製作中 その42

キャブ内など製作しました。

18688-102.jpg
ブレーキ弁と逆転機を付けました。床もそのままでは抜けているので網目板で作りました。
外からは大して見えないのでこんなもんでしょう。

18688-99.jpg
こんな感じです。

18688-100.jpg
諸川氏の写真集で判明したランボード支えも付けました。さすがプロシャドー部のつぶれそうな所もきれいに出ています。

18688-98.jpg
独特なデッキの手すりも取付。
そろそろ動力関係再調整して試運転かしら。


カメラをLUMIXに変えました。 フォーカス深度合成機能があったので選んでみましたがカラーバランスが前のCOOLPIXと違うのでチョット悩んでいます。



posted by しんちゃん at 00:02| 長野 ☁| Comment(0) | 8620 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月04日

ハチロク製作中 その41

汽笛が出来ました。今日はこれだけ。

18688-97.jpg
ニワのC51用の折れてしまったものがあったのでそれを使いました。右がオリジナル。
ボイラーに直接付いているタイプの汽笛のパーツは皆なぜかレバーが上向きなので付け替えなければいけません。うまく捻れるかと思ってやってみましたがやはり折れたので線を植えて付け直しました。コックハンドルも付けておきます。

18688-96.jpg
安全弁もロストで台座と一体なので塗装後の磨き出しの便も考えてビス止めにしてあります。
諸川氏の本の解説に5音階に取り替えられたとありますが少なくとも長野での現役時代は3音階でした。
中2の冬休み飯山線立ヶ花までチャリンコで222レを撮りに行ったときこの18688を撮影しました。このときの録音がなかなか良くて、ポーっと言う可愛い汽笛にポッポッと言う歯切れのいいドラフトが印象的です。

その時の写真です。本当は88623でなくてがっかりしました。

222レ立ヶ花-1.jpg

posted by しんちゃん at 23:29| 長野 ☁| Comment(0) | 8620 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

ハチロク製作中 その40

チンタラチンタラ進んでいます。シリンダーの空気弁を付けました。

18688-95.jpg
シリンダー上の煙室サドルの端っこに付いているタイプです。
ニワかエコーのパーツを付けようと思ったんですが何となく大きいような気がしてIMONの1/87のパーツを付けてみました。
2ミリの丸棒から台座を作って半分に削ってサドルに乗せました。小さくて丸いので何度も飛ばしたり転がしたりして捜索している時間の方が長かったような気がします。ちっこいので取付にも苦労しましたが片側は真鍮線で足を付け差し込み他方はサドルにあるボッチに嵌まるように穴を開けて位置決めしました。 もっと早くサドルを固定する前にやっておくべき作業でした。

18688-94.jpg
この位置に空気弁が付いているのは少数派のようで本機の他は18629 18659 58682 68649位しか写真で確認していません。初期は皆東部局 東京局配属 その後も千葉あたりにいたのが多いので大宮工場あたりで改造したのではと想像しています。取付の高さはまちまちのような感じです。

この煙室サドルはチョット低すぎる感じでもう少し上までボイラーを包み込んでいるほうがいいのですが いまさら次郎 なのであきらめます。そればっかりですが。

posted by しんちゃん at 01:06| 長野 ☁| Comment(0) | 8620 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする