2021年01月11日

D51半流レストアー23

D51も最終段階に入ってきました。

D5174-56.jpg
主に機炭間あたりのデティール加工です。手すりを付け 灰箱開放ロッド テンダー上の風除け 重油配管などを付けました。

D5174-55.jpg
重油配管は送油管から這いだして付けた蒸気管のコックなども表現してみました。ポーカー棒も長短2本忘れずに付けておきます。
大体こんなところですか。モーター載せて走行調整して塗装といきたいところです。が、塗装待ちのカマが数両溜まってきたので細部工作漏れがないか点検して一気にいきたいところです。


IMG_1360.jpg

IMG_1363.jpg
散歩に行ったらどんど焼きをやっていました。新幹線でも来れば絵になると思ってしばらく見ていましたが風が冷たくあきらめました。例年ならばこの時期臨時列車も走って10分も待てば来たんですが・・・。おととしの台風水没で120両無くなったのもそんなに影響なかったかな?



posted by しんちゃん at 02:53| 長野 ☀| Comment(0) | D51 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月04日

D51半流レストアー22



正月には 途中でストップしていたD51を再開しました。

D5174-53.jpg
元日から心向き棒をシコシコ削って作成。
結びリンクのような小さなものはうまく作れないので合併テコと共に金岡製を使いました。加減リンクも同社製を使いたかったのですがモーションプレートに嵌まらないのでいつものニワ製。よって心向き棒は洋白板から切り出しました。吊りリンクもジャンク箱にあったちょっと形の悪いパーツ流用。この位は自作できねばいけませんね。
第3動輪後方のボイラー台も追加しておきます。

D5174-54.jpg
ドローバーはいつものタイプを作りました。押し込み連結 ひねり開放が出来るのでテンダー台車の端梁を省略しなくてすみます。

D5174-52.jpg
レストアで以前のなんとなくだれたイメージは払拭出来たような気がします。塗装してみないとはっきりは言えませんが。
これがうまくいったら昔作った9600やC51もレストアしてみたいと思っています。
昔のはなんとなく目を背けているかわいそうな状況から脱却できるかしら。


去年は例のコロナ騒動でドタバタしているウチにあっという間に終わってしまったような感じです。今年はどれだけ完成させられるかわかりませんがとにかく頑張ろうと思います。


posted by しんちゃん at 01:42| 長野 ☁| Comment(0) | D51 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月16日

D51半流レストアー21

漸く秋の気配 今年も秋映えを庄吾ちゃんからいただきました。
夏が暑かったせいかいつもより二回りくらい大きいです。 食べ応えがあります。

秋映え.jpg

工作の方はぐたぐたしていてあまり進んでいませんがボチボチ。

D5174-50.jpg
ドローバーの取付準備です。当社標準仕様です。洋白材から挽いたピンを絶縁ワッシャーを介して上からビス止め。下からバネとドローバーを入れてワッシャで押さえビスで止めます。こうするとヨコから目立ちません。 一般的なドローバーだとピンにドローバー バネ ワッシャを通して台枠に付け上からワッシャとラグ板を嵌めナット止め。ナットを嵌めるウチに飛ばしてしまったりで、この作業が煩わしくて嫌いです。そういえば最近洋白の丸棒が入手難です。真鍮より錆びにくいのでこういうところには重宝していますが困ったもんです。

もの作り日本 大丈夫か?

D5174-51.jpg
泥ダメを付けました。 エコーの組み立て式のモノです。コックを差して線を下部に向けてそこに付けますが強度が心配なので本体に線を植えそこに貫通穴を開けたコックを差し込みました。 線を引っ掛けて曲げやすいのでなるべく後に付けたいのですがちょっと早かったかもです。
バルブギヤーをやろうと思いましたが合併テコの材料の洋白角線が切れていたのでチョット休憩。
金岡工房のパーツにしようかと思います。ニワも合併テコだけは出していますがなぜかとっても高価なのでコスパの良い金岡工房のパーツが良いかな?ユニオンリンクも付いているし。




posted by しんちゃん at 01:06| 長野 ☁| Comment(0) | D51 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする