2015年04月06日

1000 塗装

レストアの済んだ珊瑚 1000もやっと塗装しました。

1000-14.jpg

ウエザリングをする前に記念撮影。
1000-15.jpg
現在の北信濃鉄道の在籍車の中では一番古いのでナンバーは 1 を付けたいのですが 汽車の20t機がすでに付けているのでどうしようか思案橋。
正面の丸いプレートがあるかな? ヘロヘロ私鉄風にペイントナンバーでもいいかな。

1000-16.jpg

試走させてみると後進はとても静かなんですが前進が少しうなってしまいます。
ウチの吊り掛け式の小型機は大体こんな傾向です。何とか調整せねば。

1000-17.jpg

小さい割には牽引力はまあまあです。ブラスの国鉄型客車4両位は牽き出します。


暑い夏の日 田んぼ中の小川で ざるでドジョウを採っていると遠くからピョーという汽笛を鳴らしながら2〜3両の貨車を牽いてヘロヘロ線路をゴロゴロと走って行く
そんな情景をレイアウトで再現してみたいものです。




posted by しんちゃん at 03:11| Comment(0) | 北信濃鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

北信濃鉄道の客車

久しぶりに半田ごてONしました。

北信濃鉄道ホサハ3.jpg
だいぶ前に大体出来ていましたが手すり、開放テコ,ブレーキシリンダーなどを付け始めました。
レイルロードのエッチング板です。とてもよく出来ています。妻板の曲げはどうしようかと悩みましたが説明書の指示通りやったところ問題なく思ったより簡単にできました。3枚窓の妻板も付いて3枚あったので練習台に。

気動車にしてしまおうかとも思ったんですが、ドアーの下部のステップが撤去された形になっているのであきらめ気動車→エンジン撤去→電車付随車化→客車化ということにしました。
その名残で台車は気動車用の偏心台車です。
この台車で一軸駆動にしたら模型でも軸重をまして牽引力アップという能書き通りに多少は実用になるのか試してみたい気持ちはありましたが。
昔キハ07で一軸駆動にしたときはスリップしながら一応は走りました。牽引力と言うほどのモノはありませんでしたが 加速、減速がスリップのため緩慢になるので非力な気動車らしく結構実感的な走りではありました。

一応 北信濃鉄道には電車路線もあるのでサハとして また非電化区間は客車として直通運行されるので形式はサホハ1としました。佐久鉄道のキホハニみたいな感じかな。(ちょっと意味は違うかもしれませんが)

北信濃鉄道客車群.jpg
その他の客車群です。ムサシノのキットを組んだ鹿島参宮のハフ 珊瑚のキットを組んだ南薩のテフ 珊瑚のエッチング板から作った南薩ハフの3両があります。エッチング板から作ったハフは学生時代につくりったものですが更新して仲間に加えました。
カプラーはIMONカプラーに替えつつありますが高さで悩んでいます。
ケーディーではないのでスケール通りの11mmセンターにした方が良いのでしょうけれどそうすると客車の幌に当たって解法不能になるし。蒸機の頭はもちろんスケール通りの方がカッコイイ。
下げるのは簡単ですが上げるのは結構大変です・・・・・。今のところ10mmにしています。

posted by しんちゃん at 00:44| Comment(0) | 北信濃鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月09日

またまた落成

 勢いの乗ってもう2両落成しました。と言ってもだいぶ以前に形になっていたものに色を塗っただけですが。
ED2211-2.jpg
上田丸子電鉄の珍車ED2211(ED2111)です。実物は見たことはありませんが上田原の車庫の片隅にいて欲しかった車輌です。機関車と言っても台車は南海あたりの電車のものらしいのでたいした力はないものと思われます。
室内はがらんどうでコンプレッサーくらいしかなかったらしいですね。ま同僚がEB4111だから仕事量もしれていたんでしょう。

ED2211-3.jpg
 台車にダミーモーターを付けたくらいでたいした改造はしてありません。塗装に当たってはキドマイティーモーターを福島のパワトラ用モーターに変えました。こっちの方が少しスムースで消費電力が少なそうなので車輪の汚れも少ないかもと期待してます。

ED2211-4.jpg
北信濃鉄道 鹿渡温泉線は山岳路線になりそうなのでこのくらいの編成がいいとこかも。

DB10.jpg
 ついでに10年以上前に作って放置してあったDB10も北信濃鉄道色に塗り変えました。
しかしこの色さび止め塗料みたいでした。もう少し茶色っぽくすれば良かったかな。
塗ってから気がついたのですが灯火類が全くなかった。実物も戦前に全廃されたようなのでカンテラを付けた写真ぐらいしか無いですが・・。せめてランプ掛けぐらい付けておくべきでした。
しかしこの機関車はどういう設定にしたらいいでしょうか?
予備機?
沿線の工場の引き込み線の専用機関車かな?
戦時中のどさくさでくず鉄として払い下げてもらい、これまた戦後のどさくさに紛れて復活させてしまったとか。機関車の管理は北信濃鉄道が委託されているとしておきましょう。

 うちの倶楽部の運転会を5月5・6日あたりに予定しています。今回はうちの倶楽部員の会議室の予定。
とりあえず新作はD51が用意できたので一安心。急行白山でも牽かせようか。この編成も10年以上たつのでそろそろ更新時期?
 更新と言えば我が家も築17年あまり、遂に外装修理と相成りました。家と言いクルマと言い更新時期を先延ばししているとみんな一気に限界が来て大変なことになります。あ〜財布の底が見えてきた〜

posted by しんちゃん at 00:12| Comment(0) | 北信濃鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする