2016年05月11日

運転会ロス?

我が倶楽部史上最長一週間の運転が無事終わりましたが、気が抜けたと言うか長丁場で疲れが出たのか20年ぶりぐらいの風邪を引いてしまいました。
来年もやるとすれば3日間がいいところかな?
レイアウトも改修しようとプランは練り始めましたが気が乗らず・・・。
しかし、ああいう会場に似合う車両がうちにないことのショックが大きく・・・。

で、リハビリがてら前から気になっていたエンドウ キット組のEF62の腰高を解消する工事にかかりました。

EF6211-.jpg

改修前の下の写真と比べると一目瞭然?


EF62-8.jpg
本来なら塗装を剥がしてアングルを1mmほど上げなければいけないのですが面倒なのでボルスターの円板を0.8mm薄くして対処しました。スカートが下がってしまうのでその部分の床板をカットして上をそろえてました。
機会があればスカートの塗装を剥がして電気栓を下げれば万全。

これでtomixのEF62と高さが揃い、EF63より腰の低いスマートなスタイルになりました。
今回のようなところに出すには絶縁側に集電ブラシ追加が必須ですね、まあ、お呼びじゃないでしょうが。




posted by しんちゃん at 23:39| 長野 ☔| Comment(0) | 電気機関車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

EF13がとりあえず完成した

ふと思い立ってEF13の塗装をしました。
パンタを天賞堂のPS14に載せ替え汽笛と信号炎管を付け塗装に望みました。
車体の塗装を終わってみるとなんかまが抜けた顔つき。よく見るとドアーの窓枠が無いので窓がいやに大きく見えていたのでした。
慌てて窓枠を作りガラスと一緒にぺたり,で事なきを得ました。

EF13-7.jpg

地が黒かったナンバープレートも茶をさして貼り付け。

EF13-8.jpg

MPギヤーが主流の現代の電関に比べると走行音はかなり五月蠅いですが無音よりは良いかな?
実物もあまり迫力の無いスタイルでしたが模型の方もそれに倣っています。

EF13-6.jpg
マヌ34が無いのでとりあえずオヌ33で記念写真。
初めてEF13を見たのは松本駅で客車の先頭に立っていました。
学生時代に馴染んだ山手貨物線なんかも運転会で再現して見たいものです。

蒸機のことはうるさく色々言いますが電気機関車は作り慣れていないせいかなかなか印象把握がうまくいきません。
というかキット次第という面も大きいような気がします。
ともあれ旧型F級機は難しいということでした。


   国鉄蒸気機関車史.jpg
昨日本屋さんで国鉄蒸気機関車史を買ってきました。
Reil Magazine 連載の集大成かと思ったらちょっと違い残念。
写真は初めて見るようなものも多くありこれだけでも価値があるかな?
内容は多方面から詳しく調査 研究されていますが後世史家の評というか 団塊の世代感が色濃く出た感じです。そう言えば水戸岡さんも同世代? 
どうも団塊の世代の人たちとは受け入れられない何かがあります、なんだろう? そんなに歳は違わないのに。

著者の高木さんはそこかしこで金田さん 臼井さん 久保田さんなど昔の方の著述を批判されますが、内容も機関車のあら探しと設計者の批判が主体のように感じられ、読後感はあまりいいとは。
ま、今後蒸気機関車を作る時はこの本を読んでよりよい機関車を作って欲しいものです。

私のような只のカマ好きと違って(おぬしとは比較にならんだろうコラ!by陰の声)研究者ならではの鋭い切り口がとても参考になりカマ好きは読んでおいて絶対損は無いです。
4並びの本体価格は?と思いましたが税込みで4800円なのね、納得。



posted by しんちゃん at 03:03| Comment(3) | 電気機関車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

EF13製作中 その4

EF13は学生の頃は山の手貨物や中央線でよく見ました。

EF13.jpg
昭和49年頃、これは東十条あたりか?
何となくくたびれた感じで屋上にモニターがないのが貧相感を引き立たせていました。
Hゴム窓の最終形のEF15なんかと比べるとちょっとかわいそうなくらいでした。
この順法闘争華やかしき頃、車体の手入れもあまりされていなくて一段とボロ感満点。甲府のEF13の方がまだ綺麗でした。
艶が消えている分外板のべこべこは目立ちませんが。

    EF1318中央線貨物-2.jpg  
昭和55年頃、中央線の紙ワム牽引中だと思われるEF1318。
この頃は大分綺麗に手入れされています。
新宿でも撮った覚えがありますが見つかりませんでした。

ちょちょいのちょいで作ってしまおうと着工したEF13でしたが悪戦苦闘中です。
で車高を2mm弱下げました。

EF13-4.jpg
エアータンクは裏側を削ってみましたがやはりカーブでは担いバネにあたってしまいバネを泣く泣くカットしました。 残念! 13mmにしてもちょっと厳しいかも。
パンタはまだ調達出来ずとりあえず没にした珊瑚のEF57用を付けて記念撮影。

色々あった珊瑚のEF57より問題も多く まだまだ手がかりそうです。愚痴も出そう・・。
早く完成させて次作にいきたいんですが・・・・。

posted by しんちゃん at 01:51| Comment(2) | 電気機関車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする