2021年05月21日

カ3000

ちょっと気分を変えて貨車などをやりました。

カ3000-1.jpg
もう10年以上棚の肥やしであり続けたアダチのカ3000を作りました。
当社の2軸貨車の標準としていた天賞堂の軸受のストックがなくなってきたのでワールド工芸のパーツを使ってみました。
エンドウの車輪指定ですがウチの標準パーツは日光なので軸穴を0.4のドリルでちょっと掘って使います。
車体は最近のワールド工芸のシャープなものと比べると大変牧歌的なものですが手すりなどを0.3線で追加して少しでも細密感が増すようにしては見ました。0.4ではちょっと太いかと思って0.3にしましたが、穴開けの際0.3のドリルを2本ほど折り込んでしまいました。ガクッ 抜くのに苦労しました。
屋根は塗り分けのためビス止め。

C56159.jpg
昔撮った写真を見るとバックに何気なくうつっているカ3000などを発見します。長の管理局名が入っています。積車であれば牛の糞尿などで臭かったんだと思いますが昔はそこら中で色々な臭いがしていたから気にならなかったんでしょう。蒸機の煤煙 ブレーキ時の鉄粉 トイレのまき散らし 客車の床の防腐剤 etc.
また加工してない原木を積んだトラとかチキも。今になって思えばそんなのをとっておいた方が価値があったなあと貨車を作ると思います。ま、当時は子供だったし汽車しか目がいかなかったので仕方ないですね。


posted by しんちゃん at 12:44| 長野 | Comment(0) | 貨車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月21日

ワキ製作中ー4

ワキ5000 2両とワム80000 1両の塗装が終了。

ワキ5-ワム8-3.jpg
9月末の着工なので当社としては異例の短工期で完成しました。

ワキ5000-6.jpg
こちらは角屋根後期型。片側にだけある雨樋がおもしろく作ったようなものです。ブレーキマンに雨樋から落ちた雨水が直撃しないように付けたものでしょうか? 車体が長いので雨水の量も相当だったんでしょうね。ブレーキマン(操車掛)というのも今から考えればとてつもなく大変な仕事ですね。雨の日も雪の日も猛暑日も構内歩いて貨車に飛び乗りブレーキテコを踏む。うまく止めるのは大変だったでしょう。 長野駅に汽車を見に行き始めた頃突放した貨車に5寸釘を踏ませて小さな剣を作るのを教えてくれたのが若いブレーキマンでした。

ワキ5000-7.jpg
丸屋根の初期型。

これでパレット貨車 ワム8 4両 ワキ5 2両になりました。あとコキ5500でも追加すれば40年代の貨物列車が再現できます。青やピンクの電機に牽かせればしっくりくるでしょう。
客貨車色々落成したのでそろそろ運転会をやって走らせて見たいのですがどんなもんでしょうかね〜



posted by しんちゃん at 00:25| 長野 ☀| Comment(0) | 貨車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月10日

タム3250製作中-3

タム3250の塗装をしました。

タム3250-5.jpg
トップガードで塗装。デカールを貼りました。
昭和電工の書体がチョット違ったりマークが大きかったりしますが仕方ないでしょう。

タム3250-6.jpg
形式もタム3200になっているのはご愛敬? 全てインレタで細かく貼っていけば良いのでしょうがへたくそなのでデカールでお茶を濁しました。
デカールが乾いたら手すりなどの白差し、クリヤートップコート ウエザリングなどをしようと思います。

posted by しんちゃん at 00:12| 長野 ☔| Comment(0) | 貨車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする