2017年01月06日

客車製作中 スハフ32 その3

水タンクは結局作り直しました。床下器具取付板も穴だらけになるので作り直しました。

スハフ32水タンク.jpg資料があまりなくパーツを参考にしながら写真から寸法を割り出したりして図面を書いていたらネット上で資料発見! まあこんなモンかとでっち上げました。

スハフ32床下.jpg
床下はこんな感じで先行して製作中の車と合わせました。

スハフ32-4.jpg
梯子とアンチクライマーを付けて外装は大体出来ました。

おっと、そう言えばモニタ屋根の明かり窓 どこかに戦時中に明かり漏れ対策でふさがれてしまいましたが,戦後も復旧されず と書いてありました。写真を見ても黒くなっているものばかりなので裏から塞がねば。
照明を付けるときどうしようかと悩んでいたのでちょうどよかったです。




posted by しんちゃん at 23:43| 長野 ☀| Comment(0) | 客車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

客車製作中 スハフ32 その2

ついに今年最後の書き込みになりました。
今年の成果は 蒸機3両 ディーゼル機関車1両 貨車2両 です。
全部が塗装まで済んだわけではありませんので完成したのは一部ですが。
ゴールデンウイークに百貨店で一週間にわたり公開運転会をやったり T師の素晴らしい炭礦鉄道のレイアウトを訪問出来たり趣味的には充実した一年だったのかなと思います。
今年は新車購入はなくもっぱら在庫と仕掛品の消化でした。最近はあまり興味を引く製品も出ないし。
時代なのかうちの工作の中心の1960年代のアイテムは皆無に近いですね。
来年はどうなることやら。

で、今年最後の工作はスハフ32です。

スハフ32-3.jpg

キットは原形なので末期の姿にするため小改造します。
標識灯を追加します。 フジのパーツを付けました。ちょっとオーバースケール気味ですがレンズの感じが気に入っているのであえて使いました、 梯子はエコーの繊細なものを使う予定。
ステップもプレスパーツが気に入らなかったので当社標準の板金組で作り直し。

スハフ32-2.jpg
床下機器も 小型の電池箱に交換後の姿に。
他のパーツも型崩れなどが見られるので水槽以外は交換しました。
水槽もちょっと高さが足らないような気がしますが作り直すには資料が足りないのでそのままで我慢します。
床板 ユニット板共柔らかい真鍮板なので気を付けないと簡単に曲がってしまいます。

今年の工作はここまで。

夕張.jpg
夕張のカレンダーをT師より頂きました。
今年は後半に来て,D61に始まり北海道づいてきたので来年は・・・・。元々嫌いじゃないし。

そう言えば 前回のヌードカレンダーの件 やっぱりヘアーヌード解禁が大きいんじゃないかしら?
いくらガテン系のお兄ちゃんでも生々しいヌード見えるところには下げられないでしょう。普通の週刊誌にも載るようになってからは汽車に乗る時もあまり買わなくなったし立ち読みするのも減りました。堂々とは見ていられません気の小さい私としては。
せめて昔の麻田奈美のりんごのポスターのようないいわけでも芸術だと言える位にとどめて欲しいものです。


ニャン太-2.jpg
今年もだらだらした大して実りのないブログにお付き合い頂きありがとうございました。
来年も一生懸命作りますのでよろしくお願いします。

では、皆さん良いお年を!




posted by しんちゃん at 01:18| 長野 ☀| Comment(0) | 客車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

客車製作中 スハフ32 その1

D61が何とか形になったらボーっと眺めて悦に入っていましたが、さて次は何にしようかと思案橋。
またカマを始めると他に手が付かなくなるのでその前に客車をちょいと始めました。

スハフ32.jpg
昭和43年に長野駅で撮ったスハフ32です。
恐らくこれが最後に見た現役モニター屋根客車です。 事業車なら遅くまでスエ30が長野駅にいて屋根なんかも綺麗にしてもらっていたんですがJR化ととも似姿を消してしまいました。もったいないですね。
そんなわけでこの形式は外せないと入手しておいたものを気分転換を兼ねて着手しました。

スハフ32-1.jpg今日一日やって ここまでで時間切れ。
面倒な車種の割には進みました。
安達のモニター屋根車はこれで5両目ですがやはりパーツが多いので面倒くさいです。
スハフ32は以前珊瑚製を組みましたがこっちの方が新しいだけあって印象はいいですね。
今回の鈍行列車用はこれで7両。
オハフ61,オハ61X2 オハ35 スロハ38 スハフ32X2になりました。他の6両は2年ほど前からボチボチやっていたものです。もう1両のスハフ32は丸屋根ですが別形式でもいい位違いますね。
あともう2・3両足したいところです。



posted by しんちゃん at 03:02| 長野 ☁| Comment(0) | 客車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする