2021年10月31日

C55製作中 その9

公式側 キャブ下などを進めました。

C55-29.jpg
分配弁 泥溜め 速度検出装置ステーなどを取り付けました。ステーは0.8の角線の加工です。ポロッと取れないように交差部、取付部は真鍮線を植えて補強しておきました。分配弁廻りの配管は床分割の関係もあって本体側とは分断されています。

C55-28.jpg
バルブギヤーも組み込みました。合併テコなどは少々形態的に難がありますが ほぼ初めて自作したバルブギヤーなのであえて再用しています。
エキセントリックロッドは油壺付きで新製しました。 いつも通り前進フルギヤーです。

C55-27.jpg
キャブの手すり 発電機排気管なども付きいい感じになってきました。もちろんATS発電機は付けません。どうもC559は付ける前に廃車になっているようです。福知山ではC54と同列の扱いだったのでしょうか。末期の写真ではデフもゆがみC55らしくないよれた姿が残っています。

ふと気が付けばもう11月になろうとしています。例の災害も始まってもうじき2年。自粛疲れと言うより自粛慣れして落ち着いてきてしまいました。暇にも慣れ毎日シコシコ機関車工場をしていますが時間があるのにも慣れてしまい緊迫感のないだら〜っとした毎日です。もう運転会も久しくやってない。そろそろ何とかしたいなぁ。




posted by しんちゃん at 01:11| 長野 ☀| Comment(2) | C55 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
完成まじかですね、オリジナルのC55綺麗に出来ましたね〜・・・ATS発電機のお話が出ましたが、C51にはATS発電機が付いたカマがいたんです、まさかと思いましたが新潟地区は昭和30年代後半にATSを試験運用していたらしくC51やC57にATS発電機を付けた写真が見られます、ただ取り付け場所は機関士側(公式側)についています。長野工場に復元で来ていたC51239が完成記念に撮影された写真には写っています。当時(新潟時代)のC574なんかにも見られます。蒸気って面白い!
Posted by jf4015 at 2021年11月02日 08:54

>jf4015さん

以前作った直江津のD51185は昭和33年に撮った写真にすでにATS発電機が付いていました。もちろん機関士席前に。やっぱり裏縦貫は大動脈だったんですね。
Posted by しんちゃん at 2021年11月03日 01:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: