2021年10月23日

C55製作中 その7

デフが付きました。

C55-19.jpg
特別なことは無くそのまま付けました。鷹取流らしきデフの上部の吊り下げ用の穴は開けてあります。小口は薄く見えるように斜めに削っておきました。

C55-20.jpg
ブレーキシューは珊瑚のロスト製です。ちょっと立体感が足りないのと アジャスター付きのタイプなのが気に入りませんが他にないので仕方ありません。テコ類はウイスト製。言いたいことは色々ありますが重宝しています。

C55-23.jpg
これで漸くC55らしくなってきました。 完成も近いといいたいところですがまだまだやることはいろ色々あります。

どうも安達のキットは、というか昔のキットは背を高く設計しているらしくこのC55もなるべく下げたつもりでしたがボイラーで0.5mmキャブで1mmほど高くなってしまいました(キットの設計図通りですが)。 むかしのTMSに アメリカなどの機関車は客車より大きく立派なのだが日本の機関車は客車と同じくらいで見栄えが悪いので大きく設計するというような趣旨のことが書いてあった記憶があります。その名残か昔の大きなモーターのせいか背が高い。幅も広いので仕方が無いですが16番の宿命でしょうか。そういえば昔のNゲージのC62は立派でした! キャブヒサシ後端とテンダー上縁はもっと接近して欲しところですが1mm程高いです。キャブがもう少し低いと格好いいんですが。またキャブの床とテンダーの踏み板に段差が出来渡り板が水平になりません。キャブをせめて0.5位下げたいところですが床をいじって辻褄合わせといったところでお茶を濁しましょうか。






posted by しんちゃん at 02:28| 長野 ☔| Comment(0) | C55 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: