2021年10月15日

C55製作中 その5

非公式側給水関係の配管をしました。

C55-10.gif
給水・排気配管はランボード下外側を予定していましたが、原型写真や9号機の写真を見るとランボード上放熱管後ランボード上を通っていることを確認。放熱管などもすでに付いているのでちょっと手間取りました。

C55-12.gif
煙室前面はこれも頂き物の中にあったニワパーツです。寸法的にはチョット変なのですが色々の制約でこうなっています。もう少し扉が大きくハンドレールも外側になります。自作で作りかけたパーツも準備してあったのですが正規の位置にハンドレールの穴を開けると後部の段差に掛かってしまいうまく開けられず断念。ヒンジパーツも大きいのでスケール通りにはなかなかいきません。

C55-13.gif
開閉可能ですが裏面は汚いのであまり意味はなさそうです。ヒンジと閂はエコー。ヘッドライトはニワの昔のパーツのレンズ部分を彫り込んだモノです。末期はLP403が多くなっていますがC55等にはLP42の方が似合うと思っています。



posted by しんちゃん at 01:21| 長野 ☀| Comment(2) | C55 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こうしてアップで見ると煙室扉がもう少し大きいな、とかハンドレールノブが大きいな〜とか思いますが、実際の大きさを考えると工作は難しいですね、ハンドレールノブは思い切って真鍮線を半分にやすって割ピンにした方がスッキリするかもですね、その後煙室扉につけるのが一苦労ですが・・・
ヘッドライトやその他の装備品よく先輩のMさん(写真家)と論争になります、私はロードエンジンはLP403や皿パーも機種によっては認めますが(C12や8620・9600など)10年年上の先輩は一切認めません。特にニケ目などはなんであの手の模型を作るかね〜模型ファンはもっと機関車に対する美意識を持たなくていかん!と言ってはばかりません(笑)でもこんな話で盛り上がるのも汽車好きの楽しみですね。
Posted by jf4015 at 2021年10月15日 09:08

>jf4015さん
 
ハンドレールノブは毎回悩みます。割ピンのノブは作るときサイズを揃えるのと取付が大変です。最近はさかつうのが頭の小さくていいのですが足も細く既存の穴は大抵使えません。ハンドレールノブだけスッキリしても他の小物パーツがゴツいのでバランスがね。このキットの時はまだ頭が大きく また穴も斜めに空いていたりでニワのパーツに変えています。アダチの煙室前面のハンドレールノブはプレスのが付いていましたね。
Posted by しんちゃん at 2021年10月16日 15:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: