2021年10月12日

C55製作中 その4

非公式側のパイピングを進めました。

C55-9.gif
公式側をなからの形にして非公式側にうつりましたが非公式側を先にやるのが正解のような気がします。作用管の下を空気管が通ったりするのでやりにくかったです。作用管の前を逆転棒が通ってその外に放熱管があるのでどっちみちやりにくいのに変わりはありませんが。

C55-8.gif
コンプレッサー配管を直して公式側のランボード下に進みます。調圧器は旧型ですが手持ちが切れていたので新型で間に合わせました。
エアータンクを付けて火室板を付けたらいい感じになってきました。C57とは違う端正な感じが魅力的です。

一応の参考にしているC55 9はjf4015さんの指摘通りC55では真っ先昭和39年に廃車になっています。写真が少ないわけです。あるのはスタイルブックに角度と以前に北総クラブからdownloadした写真があるだけです。
デフの窓無しはもちろん補器用の給油機も無くさっぱりした姿です。ただヒサシは長いです。
梅小路のC51271が最後のC51として昭和41年に廃車になっていますがそれより2年も早い廃車です。早いと言えば同41年に新津でC572が廃車になっていますがこれは相当のボロガマだったようです。20年代末に老兵C51ばかりで困り果てた新潟局がC57をくれと本社に懇願したら、来たのがC571とC572で特に2がオンボロでがっかりしたという話がありました。片やその後55年経った現在も現役。仲良く12年に旅立ったのにこの差。なんか人生みたいです。
昭和40年頃からC55 57は廃車が出始めていますね。D51 C58 C11はかなり頑張っていました。DC DLに結局はやられた感じです。
老兵は消え去るのみ。しかし機関車ガイドブックに出ていたカマぐらいは何とか模型で作りたいですね、消え去る前に。E10とB20が問題ですね。

posted by しんちゃん at 02:35| 長野 ☁| Comment(0) | C55 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: