2021年10月10日

C55製作中 その3

公式側のパイピングです。

C55-7.jpg
放熱管は珊瑚のロストパーツでだいぶ楽をしました。
色々思い込みで工作を進めてしまい穴を塞いだりパイピングに無理がいったりで四苦八苦。D51以降のモノに比べればゴチャゴチャとした印象ですが9600等の現物合わせ的な取り回しとは違って一応ちゃんとしているので辻褄を合わせるのが大変です。逆転棒は角線から新製しましたがコンプレッサーの位置が高い1次型の前期のカマの写真が少なくちょっと大変でした。一応福知山のC559あたりを参考に進めてます。

ところでC55は門鉄デフのカマはたくさん居ますがその他の改造、重油併燃とか集煙装置とかそういった改造がないのが不思議です。C51ですら重油併燃や集煙装置付きのカマが居たのに。投入された線区によるモノだと言えばそれまでなんですが御老体のC51に付けるより より新しいC55に重油併燃を付けた方がよほど仕事をするような気がしますが。裏を返せば無くてもそれなりの仕事をこなしていたと言うことでしょうか?




posted by しんちゃん at 01:50| 長野 ☁| Comment(1) | C55 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今度はC55ですか、精力的に工作されていますね〜、写真を見ると従台車両方の点検用穴がC59のにも似てますね、原形作る人のセンスなので面白いです。
そうですね〜、C55には所謂重装備がいませんね、福知山あたりだったら有っても不思議ではありませんね、装備を付ける前に転属してしまったのでしょうか?C51なんかとんでもないのが有りましたが・・・C55の基本形はどの番号にするか結構迷いますね。9番は確かC55で最初に廃車になったカマですね、でもなかなかハンサムな写真が残ってますね。
Posted by jf4015 at 2021年10月11日 09:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: