2021年08月05日

9600更新修繕 その12

酷暑の中チンタラと進んでいます。

 9600-28.jpg
砂撒き管 コンプレッサー タンク歩み板などが付いてだいぶ見栄えが良くなってきました。
歩み板もキットのものはなんとなくもっさりしていたので作り直しました。

 9600-27.jpg
デティールの参考にと色々なカマの写真を漁っているのですがなかなかこれだというカマが見つかりませんのであちこちのカマの寄せ集めになりそうです。
2段ランボードになったものは比較的似たようなパイピングになっていますがその他は同じパイピングのものが無いと言っていい位千差万別。まあ千両もありませんが。

ところで資料を漁っていて気が付きましたが四国にある79642 これ絶対に入れ替わってますよね? 何号機だったんだろう?
刻印は79642らしいので稲沢から北海道に行ったときが怪しい。苗穂で徹底的に書き換えられたのか上回りだけ替えられたのかな?



posted by しんちゃん at 00:36| 長野 ☀| Comment(1) | 9600 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうなんですか、保存機の写真みたことないのでよくわかりませんが、79642と言えば高山線のお別れ列車牽引機ですよね、北海道に渡って名寄あたりで走っていたような・・・
カマのすり替わり結構あるみたいですよね、D511025とかD50267とか私鉄では寿都の8108なんかが有名ですね、どんな経緯が有ったのでしょうか?蒸気機関車って楽しいですね。
Posted by jf4015 at 2021年08月05日 08:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: