2021年04月29日

C53制作中 その22

キャブ内 灰箱などを進めました。

C53-39.jpg
ボイラーバックプレートにパーツを色々付けました。配管類はどうせ見えなくなるので省略。昔の機関車らしく見送り給油機も付けてみました。インジェクターはニワの左側用ばかりたくさんあるのそれを使いましたが同じ物を左右に付けなければわかんないでしょう、きっと。
あとはブレーキ圧力計 逆転テコ 椅子 などが主なところでしょうか。
鉄道模型を始めた頃 TMSに中尾氏らがC51にバックプレートを付けた記事に触発され初めて買った制式機である珊瑚の96に自作のバックプレートを付けたのを懐かしく思い出しました。珊瑚からもオプションパーツが後に出たのですが当時はそんなものを買う小遣いも無くどっちみち買えませんが。今はほとんどのパーツが有り隔世の感ありです。まあ腕がないのでパーツを並べただけですが。

C53-38.jpg
従台車の中がスケスケなのもなんなので、灰箱もそれらしく作りました。後部台枠に相当する丁字型のプレートを作りそこに灰箱をビス止め。ドローバー用の穴はこれからです。

C53-37.jpg
灰箱の形は大体こんなものですが従台車の当たりを避けているので少々変形させています。

C53-40.jpg
だんだんC53らしさが増してきました。などとニヤニヤしながら眺めていたらキャブが傾いているのが発覚!妻板に差し込むパイピングも付いてしまっているので冷汗もので修正。何とかなりましたがここは以前チェックしていたはず。どうしたんだろう?
またモーションプレートとエアータンクが当たってしまっていたので 上回りも少し後退させました。
動力関係をまだ何もやっていないのでそろそろ手を付けないといけません。
最近のコアレスモーターは小さくても結構パワーがあるので使ってみようかしらと思っています。ワールドやKATOのコアレスなんかあんなに小さいのにかなり牽引力があります。LN12とかそこらも含めて検討してみようかと思っています。





posted by しんちゃん at 01:25| 長野 ☁| Comment(0) | C53 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: