2020年02月15日

EF81をいじってます 2

パーツの塗装を済ませ取り付けました。
EF81-9.jpg
窓下などの前面の手すり ドアー横の手すり ドアー上の小さな取っ手などを0.35mmの真鍮線で作りトップガードで下塗り ガイアの赤13号で塗りました。0.4mmの穴を開け差し込み裏からエポキシを塗っておきました。
スカートはロストのエアーホース 真鍮線のジャンパー線を付けグレーで塗装。 スノープローなどもトップガードで黒塗装。カプラーはケーディーとIMONに交換しました。

EF81-10.jpg
なかなか良い顔つきになりました。ワイパーは付属品です。エッチング抜きのものにしようかとも思いましたがかなりシャープで良い出来なので使いました。ただ指定どおり0.8で穴を開けるとチョット緩いので0.7で開け入り口から途中まで0.8で広げ押し込みました。

EF81-7.jpg
台車 車輪 下回りなども黒塗装。ゴムタイヤ付き車輪は中間台車のタイヤと交換しておきました。倶楽部の運転会で走らせてみてウエイトが不足するようであればダイキャストブロックの側面の凹み部分に補重しようかと思います。

EF81-4.jpg

EF81-5.jpg
碍子などに黒差しをして落ち着かせました。パンタがまだチョットゴツいので交換したいところですが、作業中袖を引っ掛け飛ばしてしまいましたが全く損傷なし。交換しなくても良いかな?
他のプラ製電機なども手すりの交換をしてみようかと思案中です。

手すり交換と下回り塗装でいい感じになりました。これで2万円程度ですからブラスに拘らなくても良いかなと思う今日この頃です。



【関連する記事】
posted by しんちゃん at 01:22| 長野 | Comment(2) | 電気機関車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 真鍮線など金属部品をうまく組み合わせていい感じになっていますね。(どこかのプレステージモデルを連想してしまいます。)他でも指摘されていることですが、以前のEF510を踏まえると、このEF81の本体価格はもう少し下げることもできたのでは、と思います。おっしゃるようにブラスに拘らなくても良い一例であると思います。
Posted by ひょうたん2号 at 2020年02月15日 22:12
>ひょうたん2号さん

コメありがとうございます。EF81の価格 客車でも1万円ほどの今日この頃、それに比べれば日本製だし健闘しているのではないかと。 まあ安いに越したことはありませんがメーカーも利益は出してもらって長く続けてもらわなければという気持ちもあります。買えないほど高くなっては論外ですが。蒸機のキットなんか絶滅寸前!?まあ身の丈、の範囲で頑張ろうと思いますのでこれからもよろしくお願いします!
Posted by しんちゃん at 2020年02月18日 00:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: