2017年07月15日

C51製作中 その12

細部の仕上げ段階に入ってきました。

C51-19.jpg
ロッド バルブギヤー類をヤスリがけして形を整えました。
ピン頭も線を植え込んで見た目を良くします。
給水加熱器への配管、まっすぐ突っ立ていたのがどうも我慢出来ず内側へ曲がっていくように修正しました。

C51-21.jpg
標識灯もレンズ部をもんで凹ませておきました。
排障器もキットのままではあんまりなので作り直し。

C51-20.jpg
後はブレーキ引棒 速度計ロッド キャブ内・・・ まだ色々あるな〜

例によってニヤニヤしながら眺めていますが C51247のような温め器のないのにすれば、C51本来のスマートな外観が強調出来てよかったかな、とふと思いました。だいぶ前に組み立てたデフ付きのC51をレストアついでに初期のタイプにしちゃおうかしら?
しかし四十数年前にカツミのC51キットを買った時はあの原形が気に入らず色々改造したのからすればずいぶん私の好みも変わったものです。
当時KTM未塗装キット¥15.000。同時期天賞堂からでた完成品が¥28.900?でとても買えずKTMで我慢したので余計不満があったんでしょう。それにスタイルが中途半端で温め器がないのにポンプは付いているし変なヘッドライトでがっかりしたのを覚えています。それでも住山式温め器を付け煙室を延長してC51133みたいにして遊びましたからそれはそれで良かったンでしょう、きっと。

D51+C51模型.jpg
高校鉄研の頃のD51501と煙室延長する前のC51。当時は思うように色々は買えず、と言って工作欲は旺盛だったので何度も改造して結局お釈迦にしていました。D51はこの後ナメクジドームを自作してD5195になっています。今もジャンク箱に・・・。




posted by しんちゃん at 00:33| 長野 ☁| Comment(0) | C51 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: