2014年05月16日

キハ55系完成! 

キハ55系がとりあえず完成しました。

キハ55系-4.jpg
雁首を並べたところです。
旧急行色と新急行色でバラエティーを付けてみました。
ワイパーは気がついたらほとんど左よりになっていました。渡り板はパーツが足りなく1両未装備ですが実物はグレーと車体色とあるようで 追加分は車体色にしてみようと思います。
気動車の幌は片幌なので両側に付ける必要はないのですが非運転台側は締まらないのですべて付けてあります。

キハ55-156.jpg
これが動力車のキハ55 156です。苦労の甲斐あってか床下のモーターはあまり目立たないように出来ました。
LN14は製造中止になってしまったので増備する時はどうしようか悩むところです。
長野に居た旧急行色のキハ55 156は鉢巻きの赤帯がありませんでしたが何となくキリッとしませんので付けてみました。

キハ55-12-2.jpg
先に完成したキハ55 12です。これのみ初期量産型でDT19を履き連結面の妻板の角にRが付いたバス窓車です。

キハ55-215.jpg
キハ55 215です。これとキハ55 156の切り妻側はIMONの通電カプラーを付けてみました。
M車も絶縁車輪側に集電シューを付け万全を期していますがこちらからも集電してさらなる安定をもくろんでいますが長い工作期間が災いしラグ板等のパーツが行方不明になり今のところ通電していません。

キロハ25-15.jpg
キロハ25です。長野には格下げのキハ26が居ましたが1次型でした。1次型は2等室側がバス窓でバラエティーがあって楽しいのですが考えることは皆同じらしく品切れで手に入りませんでした。
1等表記を探さねば・・・。
ナンバーはこのキロハ以外は長野に在籍したやつですが所属表記は長ナノが手元になかったので適当です。
もっとも長ナノ時代は急行仕業はほとんどなかったと思われます。

キロハ シート.jpg
シートはエンドウのプラ製。いつもはモケット部を濃いブルーに塗るのですが暗くて目立たないのでプラの整形色の明るめのブルーのままで縁のグレーを色差ししました。
室内灯を付けなければこのくらいの明るい色の方が良いでしょう。

日光準急で華々しくデビューした割には晩年は冷房化もされずローカル運用に甘んじひっそりと姿を消していったのは電車の80系に通じるものがあり何となく哀愁が漂います。
見た目も地味ですね。その割にあちこちから製品化はされていて人気はあるようですね。
運転会デビューのあとボチボチウエザリングをしようと思います。


posted by しんちゃん at 01:02| Comment(1) | 気動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。PCがXPから7になりましていろいろわからないことばかり、やっと元通りになってきました。しばらく見なかったらすごいことになっていますね!キハ55系!まとめて完成ですか、旧急行塗り分け良いですね〜長野地区では意外と長く塗っていましたね、小海線で昭和52・3年くらいまで見られました。
Posted by JF4015 at 2014年05月28日 20:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: