2021年11月07日

C56129製作中 その2

悪戦苦闘の結果 動力変更が出来ました。

C56129-5.jpg
いじり回した結果ギヤーボックス筐体の黒染めが剥げてきました。
2mm程長さを詰めフレームに押し込みます。 IMONミニモーターをブラケットでギアーボックスに直結。モーター軸に直接ウォームを付けてあります。これがなかなか騒音が消えず四苦八苦すること数時間。落ち着いて検討したところ1.5mmのモーター軸に2.4の穴のウォームを付けるために作ったスリーブの穴が偏心していたというお粗末。

C56129-4.jpg
先台車は心向き棒を6mm程延長しました。
オリジナルの軸ばねはとても硬く指で押してもたわまないほどだったので、当然イコライザー支持に改造しました。第1軸に一点 2・3軸間で2点の3点支持です。2・3軸間には火室が来たりしているので写真手前のような異型となりました。 
軸箱守の上部、軸箱に当たっている部分をを削って上下動域を確保しました。
試走の結果やはりちょっと早いかなと言うところですがスローも効くので良しとします。前回改造の同モーターのC56131よりちょっと早いかなと言うところですが重連は問題ありません。

さて次は上廻りを一部解体しなければいけませんが何処までやるかそれが問題です。

最近塗装まで済ませた完成機見てないね とこのブログを見てくれている友人、複数に指摘されちゃいました。運転会やっても未塗装機じゃ盛り上がんなくね?と。
 ほっといてくれ!また追加工したくなるかも知れんし とは言ってみたものの塗ってないカマは蒸機だけでも10両。DL EL PC等も更に10両以上。天気も良いことだし何とかするべし。 とかけ声ばかり。




posted by しんちゃん at 00:11| 長野 ☁| Comment(0) | C56 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする