2021年11月29日

C56129製作中 その10

公式側のパイピングも大分進み デフも付きました。

C56129-21.jpg
オイルポンプは大きなものが付いているので新たに作りました。信越線のD51などもちょっと大きめのオイルポンプ箱を付けています。
キャブ下のパイピングもそれらしく作ってみました。

C56129-20.jpg
泥溜め廻りも暖房管なども付けそれらしく。安全弁は最近一番かっこが良いと思うアダチのものに交換しました。

デフが付きやっと見慣れたC56になってきました。

C56129-19.jpg
このデフが0.3t板をエッチングしてあるのでとにかく薄い。薄くて実感的ではありますがちょっとのことでゆがんでしまうの取扱注意です。ランボードへのハンダ付けはとにかく板が薄いので裾の部分にも裏当てを付けて強度を稼いでいます。

これで上回りは大体解体前の水準まできました。

飯山線の金網はあとにして次はブレーキ装置。ブレーキシリンダー・テコ廻りはさっぱりと省略してあってキャブ下がとっても寂しいので何とかしましょう。


posted by しんちゃん at 22:31| 長野 | Comment(0) | C56 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C56129製作中 その9

公式側のパイピングも大分進みました。

C56129-21.jpg
オイルポンプは大きなものが付いているので新たに作りました。信越線のD51などもちょっと大きめのオイルポンプ箱を付けています。
キャブ下のパイピングもそれらしく作ってみました。


posted by しんちゃん at 22:17| 長野 | Comment(0) | C56 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月27日

C56129製作中 その8

キャブ内の工作です。

C56129-17.jpg
床板を前後で分割。前半は固定して椅子などの付く後半分をビス止め、脱着可能にしました。
逆転ハンドルははめ込みにしたバックプレートに付けてあります。最近はハンドルが水平になる金岡工房製を使っています。

C56129-18.jpg
こんな感じです。 テンダー前面はさっぱりしているので締め切りコックやATS機器箱などを追加します。

C56129-16.jpg
泥溜めは下部が円錐形になっていない旧型?が付いているので作りました。普通のタイプを付けたカマも居たのでそのまま使おうかとも思いましたがせめてこの位はと思い新製しました。と言ってもコック類は当然ロストパーツなので本体だけですが。

C56129-15.jpg
ヘッドライトもシールドビームをメッキして取り付けました。しかしなぜC56だけ煙室上にライトが乗っているのだろうか?


posted by しんちゃん at 13:36| 長野 ☀| Comment(0) | C56 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする