2021年10月09日

C55製作中 その2

錆だらけだった本体はサンポールに浸けクレンザーでゴシゴシやってかがやきを取り戻しました。

C55-5.jpg
これで初心に返って気持ち良く工作できます。

C55-3.jpg
シリンダーも無事完成。以前仲間に大量に大量に譲ってもらったニワパーツの中にC55のシリンダー関係のパーツが色々あったので活用させていただきました。側板のリベットも打ち直したのさっぱりした出来になりました。珊瑚の最新のC55はエッチングにロストの空気弁なので作るのが楽しみです。

C55-4.jpg
ランボードは一旦ボイラーから外して、ボイラーとの間のスリットを付けました。あまり詳細がわからなかったので以前組み立てたカツミのC57参考にしました。縁に小さな反りがあるようですが省略。
作用管は以前 受けを先に付けて あとから線を通していましたが最近は組んでから取り付けています。受けを外すのも大変なので以前の工法でやりますがうまくいくかな?

C55-6.jpg
スマートでなかなかカッコイイ機関車ですね。パシフィックなど旅客用機は数年に一度ぐらいしか作らないのでたまには気分が変わって良いです。C55は50年ほど前梅小路の薄暗い庫内で一度見たきりなのであんまり印象がありません。九州か北海道へでも行ってみておきたかったです。


posted by しんちゃん at 14:50| 長野 ☀| Comment(0) | C55 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする