2021年09月07日

9600更新修繕 その16

公式側のパイピングも出来ました。

9600-38.jpg

9600-39.jpg
放熱管がボイラーをまたぐので長めになります。大きなカーブでボイラーをまたぐので滑らかな線形を作るのに手間取りました。

9600-37.jpg
コンプレッサーの排気消音器もちょうどのパーツが無いので丸棒 細密パイプで作りました。

9600-40.jpg
キャブ内もこんな感じで進めています。キャブ屋根裏も筋目板を貼っておきました。あとは見える範囲で適当に・・・。

パイピングに当たってはいろいろなカマを参考にしました。
一段ランボードのカマはエアータンクの位置 サイズが皆微妙に違っていて 結果寄せ集め的な構成になってしまいました。 特定番号機からはほど遠いスタイルです。
もう二息。

いや二息どころか バルブギヤ はしご テンダー後部 動力ユニット まだまだたくさんありました。ボーッと眺めて 雲竜寺鉄道祖山線みたいなレイアウトを走るところを夢想している場合ではないですね。
そろそろ仕事も片を付けてレイアウトなどの運転場でも作り始めないと 時間がない!?
仕事も出来なくなるまでやっているとそのあとやりたいことも出来なくなる。



続きを読む
posted by しんちゃん at 02:28| 長野 ☁| Comment(0) | 9600 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする