2021年09月28日

フライホイール

9600に付けたフライホイールに気をよくしC53にも付けてみました。

C53-78.jpg
スペースがないのでこの大きさが精一杯。惰行すると言うにはほど遠いですが中速でいきなりスイッチをオフにしても滑走せず動輪半回転ぐらいしながらすーぅっと止まります。低速も滑らか。
他のD51 D50などの未塗装機にも加工しようと思い分解して見ましたがボイラー下部の欠き取りが小さく加工してあったりモーターの長さが火室一杯だったりで余裕がなく断念しました。
最初から計画してやらなければダメですね。


posted by しんちゃん at 10:58| 長野 ☁| Comment(0) | C53 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月26日

9600更新修繕 その21

やはりフライホイールを付けることにしました。

9600-53.jpg
瞬着で止めたフライホイールと軸の固定が悪かったようで作り直してみました。フライホイールの軸穴を2.8mmに途中まで広げ外径3mm内径1mmのシリコンパイプを押し込んでモーター軸に止めました。この程度のフライホイールでも中速域で走らせスイッチを切ると動輪半回転近く惰性で回るのでわずかながら効果はあるようです。低速では走行が滑らかになったような気がします。モーター径の小さいのを多少補っているかな?

9600-52.jpg
標識灯 吊りリンク キャブ後面の散水管など細かいデティールを追加しています。

最近家族がもしもの時のために模型関係を整理しておけとやたらに騒ぎます。作り溜めた素性不明の大量の模型と50年分のTMSや機関車関係の資料本。雑誌は古紙 その他資料は古本店。
模型は素性をはっきりさせるためにまず台帳でも作って整理しなければ。せめてテンダー機が生き別れにならないように。



posted by しんちゃん at 01:06| 長野 ☁| Comment(0) | 9600 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月24日

9600更新修繕 その20

モーターを取り付けました。

9600-50.jpg
モーターはワールド工芸で分売している10∅X20のコアレスモーターを使いました。前作の9600の時はIMONの1616コアレスを使いましたが予算が・・。このモーターなら値段は1616の8分の1程度です。
最近はモーターの小型化が進み大きさの割に力があります。このモーターも小さいので心配だったのですがワールドのF級機にも搭載され十分な働きをしているようなので採用しました。以前8800にも搭載して性能は確認はしていました。
直線コースながら試運転の結果は十分合格点が付けられます。スピードも問題なし。前作IMONモーターの9600ともほぼ同速で問題なく重連出来ます。D51クラスに積んでも問題ないかも知れません。ただ磁力が非常に強いのでビスやドライバーがすぐくっつきます。これもレアアースのおかげ?
旧来のマシマモーターより格段に静かでスムースです。

9600-51.jpg
吊り掛けのノーズ側支点はシリコンパイプでつなぎ騒音低減に役立っています。
両軸なので反対側に15∅フライホイールを付けてみましたがあまりに薄くたいした効果もなく取りやめ。
KATOのEF81は同系のモーターに小さいフライホイールで十分効果を発揮しているので 駆動系をもっとスムースにすれば多少は良いのかなとは思います。
低速では径の大きい1616の方がスムースな気がします。

posted by しんちゃん at 03:10| 長野 ☀| Comment(0) | 9600 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする