2021年07月09日

C53製作中 その35

C53がほぼ生地完成しました。

C53-74.jpg
キャブの吊り環 泥溜めのバルブ 温め器の蒸気管を付けほぼ出来上がりました。吊り環は鷹取工場タイプの先が釣り針状のものですが一つ湯が流れ切れていなかったのでちょっと短い。しかし引っかけ式のこのタイプは一本外れると回転して全部はずれて落下となりそうなので今ならNGでしょうか?

C53-72.jpg
温め器の蒸気管はのぞかないとわかりませんがちょっとしまったような気がします。

C53-75.jpg

C53-77.jpg
試運転も無事終了。
ブレーキシュー廻りはちょっとタイトだったのでショートが心配だったので動輪に接する側に瞬間接着材を塗布して皮膜を作っておいたので大丈夫そうです。
自作のギヤーボックスの割には静かに走ります。ただマシマの旧型モーターの走り出しがあんまりスマートでないのでどうにかしたいところです。IMONのコアレス高いしな〜

C53-76.jpg
C53の正面は堂々としています。 ちょっとデフのステーがいびつ?

C53-73.jpg
機炭間のデティールがもう少しわかれば良いのですがこんなもんか。

このC53の着工前に一度梅小路へ行って細部の調査をしたかったのですがこんな世になってしまったので実現できず残念でした。
戦前のこれらのシリーズは私のサブチャンネルなので客車などはプラにしようかと思っています。なので補重もそこそこにしておこうかと。
早めに塗装を済ませて倶楽部の運転会再開に備えようと思っています。


posted by しんちゃん at 22:57| 長野 ☔| Comment(0) | C53 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする