2021年07月07日

9600更新修繕 その4

シリンダーブロックのリビルトです。

9600-11.jpg
完全にバラして組み直します。バルブガイド・シリンダー前後蓋はニワに交換。元のままだとランボードとシリンダーの幅が一緒なのでシリンダーの幅を1mm縮めます。それに伴って動輪のクランクピン部も削ってクロスヘッドとのクリアランスも確保します。
上回りはそのままの幅で行きます。

9600-12.jpg
珊瑚のシリンダーは治具がないと組みにくいのでシリンダー代わりのスペーサを入れて組みます。オリジナルの挽き物のパーツとロストのパーツと取付部の径が違うのでそのマッチングにも必要です。

9600-10.jpg
ピストン棒はクロスヘッドと一体鋳造で肌荒れがあり質感がイマイチなので洋白線に交換。
蒸機の中では一番印象的なパーツなので拘りたいところです。
スライドバーもクロスヘッドが中間点の時 摺動部のセンターに来るよう調整します。主連棒もキットのパーツはテーパーが強すぎ更に長すぎるのでD51用に交換してあります。それもあってスライドバーがズレていたので気になっていました。実物は段摩耗防止で行程長より摺動部の方が短くなっていてクロスヘッドが飛び出すようです。

ここのところ湿気の多い日が続いているせいか体のあちこちが痛みます。根を詰めると腰痛。困ったもんです。



posted by しんちゃん at 16:24| 長野 ☁| Comment(0) | 9600 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする