2021年04月14日

C53製作中 その18

給水ポンプを付けました。

C53-29.jpg
給水ポンプのパーツも色々ありますがどれも皆少し小さいようです。といっても補器類の図面があるわけではないのですが 手持ちの図面で唯一載っているのがスタイルブックのC62の非公式側図面です。それと比較すると珊瑚の旧パーツが高さは一番良い線をいっていますが弁室部分の位置が合っていなかったり型も古いのでシャープさに欠けます。で 次は珊瑚の新パーツです。図面に比べれば気持ち小さい位なのでこれを採用しました。コンプレッサーは1/87の流用で小さいとか昔から話がありましたが今でも大概は気持ち小さめです。寸法的には珊瑚の新パーツ 形はニワ どっちも備えているのはカツミ製でしょうか? 給水ポンプはあまり話題になりませんでしたが。あくまで私感です。
というわけで どっちも珊瑚の新パーツを使いました。ちなみにキットに付いていたパーツもベーシックキットのものは違い出来は良かったです。

C53-30.jpg
空気配管もなから済んだのでポンプの吸排気管を付けました。排気管もランボードの下を通っているものとハンドレール下のがあるようです。
同じ製造所、前期後期でも混在していて区別が難しいです。製造時はランボード下で改造されてハンドレール下ということでしょうか?
D50も当初はランボード上を這い回っていましたがだんだん上に行きました。その教訓からランボード縁を通したのが何らかの不都合で上に落ち着いたと言うことでしょうか?
ボイラーをまたぐ配管は色々事情があって実物とイメージが違ってしまいましたがまあ仕方ないでしょう。これもブロワー管の下を通るようにしました。
発電機も台座を作って取り付けます。

だんだん形になってきましたが資料が少なく苦戦しています。

牽かせる燕 客車に付いて色々考えています。
展望車以外は全て丸屋根として3等車と展望車はMAXモデルのプラ製 マシ38 オロ36 スロ34はフジモデル 前2両はすでに製作済みのものを改造塗り直しで充当しようかと考えていますがいつ実現するのやら。



posted by しんちゃん at 01:39| 長野 ☁| Comment(0) | C53 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする