2021年04月09日

C53製作中 その17

庄吾ちゃんにも立ったタラの芽を天プラにしていただきました。

タラの芽天ぷら.gif
昔 もう40年近く前 父母がまだ元気に山歩きをしていた頃は良くタラの芽や山菜を採ってきて食卓に並んだものでした。山でとってくるので大概はゴールデンウイーク頃でしたが。当時は山菜ブーム以前でそこら中に生えていたようですが最近はどうなのかしら? 庄吾ちゃんの畑のタラの芽は柔らかく味もえぐみも少なく優しい感じです。昔は大嫌いでしたが今は大好物 酒の肴に最高。もう少し経つと苦みも増してくるんですが食べ過ぎるとゲップがタラの芽風味になります。

肝心なC53はパイピングが大分進みました。

C53-27.gif
ボイラーをまたぐ配管に苦戦しました。順番も考えないとやりとりが難しくなります。
エアータンクは後々 配管支えの取付の邪魔になるのでビス止めにしておきます。

C53-28.gif
ボイラーの長さとかデフォルメされているので機器の位置関係も実機と微妙に変わっていて配管の曲がり具合などがイメージどおりにいきません。エアータンクは少々大きいようだしモーションプレートなどとの距離感も変わっています。で、ある程度特定ナンバー機を目指していましたがそれを言い訳にやりやすいように勝手に変更していくことにしました。まあ基本設計は昭和45年頃でもう50年も前の模型です。色々ブーたれても仕方ない。いやならスクラッチしろということですね・・・。
水側はこれから。これまた面倒なんですね、先が思いやられます。

前回このキット作ったときはこんなに四苦八苦した覚えないんだけどな〜
模型に対する意識が高い系になったのか、単に歳のせいなのか、どうだろう?



posted by しんちゃん at 02:07| 長野 ☁| Comment(0) | C53 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする