2021年03月31日

C53製作中 その14

空気作用管を付けました。

C53-24.jpg
特に変わったこともなく取り付けました。写真を見るとボイラーにぺったりと付いているので帯金で作った留め金で直接ボイラーに付けました。止め金具はボイラーバンドに付いているのでそのようにします。この頃は作用管を特に意識することなく適当に這わせている感じがします。時にきれいに付けるようになったのは復活したD51498当たりからのような気がします。
ボイラー本体はあまり付く物がないのでだいぶ進んだような気がしますが先はまだ長いな〜


posted by しんちゃん at 00:09| 長野 | Comment(1) | C53 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月27日

C53製作中 その13

フロント廻りのデティール工作をしました。

C53-22.jpg
標識灯 エアーホース ヘッドライトなどが付いたので全面だけ見れば完璧?

C53-23.jpg
ステップなども付いてボイラーの穴が無くなり大分いい感じになってきました。
先台車に排障器を付けました。ちょっと不細工です。端梁に付いているのと2種類ありますがおおよそ前期型が先台車に 後期型が台枠前部のようです。先台車のものは一部台枠前部に改造されています。梅小路の45号も元は先台車に付いていました。先台車の排障器はグニャとした素人細工のような形態のものが多いような気がしますのでこれで良いでしょう。
前期型 後期型と言っても製造時期によって少しずつ変わっているようなので私は便宜的に汽笛の位置で分けています。


posted by しんちゃん at 01:18| 長野 ☀| Comment(0) | C53 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月23日

C53制作中 その12

フロントカプラーを何とか納めました。

C53-21.jpg
給水温め器の上部をカプラーが収まる分削り取って何とかクリアランスを確保しました。
温め器は結局取り外し式になります。
天賞堂のアダチ製作時代のC53はデッキが上回りと分離して下回りに付くようになっているようですが合わせが難しそうなのでそれは却下しました。しかし給水管は差し込み式にしなければなりません。先台車と温め器のクリアランスがちょっと小さく心配なので要調整というところでしょうか?先台車がせり出している分を戻せば良いかなと持ってますが750Rは現状でもOKです。

C53-20.jpg
フロントステップはD50用あたりのロストパーツを使おうと思ったのですが前方に欠き取りがあったので断念。付属パーツにリベットを打ったりしてデテールアップのうえ使いました。リベットが少々乱れましたがここらが限界です。
これでフロント部分も見られるようになってきました。


ところで話は違いますがアップルが車を出そうとしているようですね。マックユーザー歴20年としては怖くて乗る気にはなりませんね。使い勝手はもう慣れたので全く文句はありませんが機械の方はイマイチ信用できません。PC iPoneなど9台くらい使ってきましたがトラブル時の対応を含めてハーッという脱力感ばかり。パソコンだからまだ何とかなりましたがこれが車だったらこれも個性のウチなんて言っていられません。車の対応は別と会社の体質が変わるわけも無く5年もすれば対応不可、新しいのを買えとでも言いかねません。豊田章男社長もそこら辺は読んでいるのかなみたいな発言はさもありなんです。アップルとアドビには良いようにやられている気がします(貧乏人の被害妄想?)。自動運転ソフトもクラウドで使用料や保守管理料 アップデート代 見守り料と盛りだくさんの出費が待っている? あ、もうあと何年も乗れるわけでもないので関係ないか!



posted by しんちゃん at 00:42| 長野 ☀| Comment(0) | C53 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする