2020年07月31日

ヘビの子

朝早くからカミさんが大騒ぎしているので見に行くと玄関(家の中)に小さな黒いヘビ。

ヘビの子-1.jpg
ホントに小さい。

ヘビの子-2.jpg
タイルが約10cm角なので体長15cmぐらい。
以前庭ではアオダイショウ シマヘビ ヤマカガシなどを見たので アオダイショウの子? と思ったんですが孵化した幼蛇でも40cmというので没。ネットで見るとヒバカリと言う蛇? ヤマカガシも黒いのが居るらしいし。
そう言えば真っ黒い蛇も庭に居た。黒いアオダイショウかと思ってましたが。
ヒバカリという蛇はとってもおとなしくて可愛いので飼いやすいそうです。逃がさなきゃ良かった?
しかしかみさん蛇大嫌いだしなぁ。

ご存じの方教えてください。
posted by しんちゃん at 14:55| 長野 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月28日

D51半流レストアー12

モーションプレートの加工をしました。

D5174-28.jpg
キットのパーツは逆転腕支持部の形態と逆転腕が一体になっているので余っていたパーツと交換しました。D52やD50は加工して使いましたが以前D51501を作ったとき二つ穴と交換して余剰となっていたカツミのパーツを使いました。1個穴のモーションプレートとしては一番かっこが良いかな?
フレームは加工して補強リブやボイラー支えらしきものを追加しておきました。ニワの逆転腕は穴が大きすぎたのでスリーブを嵌めM1のタップを切り裏からビス止めです。

D5174-29.jpg
煙室前面はロストの開閉可能パーツにしようかとも思いましたがあまり予算がないのでドロップパーツの加工。
以前作ったときはドロップの浮きだし取っ手を削って0.5の穴を開け0.4の真鍮線を植え込んでありました。当時ドロップパーツに開けられるのは0.5が限界。何本か折り込んだ記憶があります。裏から押し出して救済しました。まだ塩水ドボンを知りませんでした。そこに0.5-0.3のパイプを嵌め0.3の取っ手を付けました。 ハンドレールも割ピンだったのをスッキリしたノブに交換。

D5174-30.jpg
給水管 発電機などを付け形になってきました。 あまり細密工作は出来ないのでこんな水準ですかね。

最近ヤフオクで珊瑚のキットなんかを見ているとびっくりするような値段になっています。数年前3万円台で中古屋に出ていたものが3倍以上!
あのとき買っておけば良かったなぁと言うのがたびたび。いつかは再生産なんて淡い夢を見ていましたがもうどうしようもありませんね。






posted by しんちゃん at 00:33| 長野 ☔| Comment(2) | D51 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月25日

豊野のC56109

豊野駅で撮ったC56109です。

C56109-1.jpg
飯山線の貨物を引いて豊野に着いたて入れ替えを始めたところです。
ワムばかりですが結構長い。りんごや米など農産物が中心だったのか秋になると貨物列車が多かったです。

C56109-5.jpg
ひと休みするC56109。
この頃最末期にはプレート先輪を履いていました。両側にコンプレッサーを付けていたので調圧器が発電機脇、マフラーが煙突後に付いてそれぞれ配管が両コンプレッサーからつながって共用していました。

この頃長野に居たC56 96 109 111 129 131の内本機のみが保存されませんでした。コンプレッサー2個付けたのはボイラーの調子の良いカマだったようですから早く廃車になったのは検査回帰の都合だったのかしら?人生ではありませんが運命ですね。



posted by しんちゃん at 15:33| 長野 ☔| Comment(0) | 昔の鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする