2020年05月29日

C57改修中

ほぼ改修前の状態まで戻しました。

C57-7.jpg

C57-1.jpg
改修前に比べるとフロント周りがしまったような気がします。デフはこれしか合うのがなく、ホントは点検蓋の無い原形が好きなのですがまあしょうが無いでしょう。

C57-11.jpg

C57-8.jpg
C57と言えば昭和40年代後半ぐらいの ♫日生のおばちゃん自転車で・・・のCMバックで走っていたのを思い出します。実物は羽越線と紀勢線で見たきりなのであまりなじみはありませんが当時サクラカラーでくれたB0判?の大判ポスター、大淀川橋梁のC57は天井に貼って毎晩眺めていました。

C57-10.jpg
標識灯は昔のレンズまで一体に鋳ったものだったのでプラレンズが入るようにさらっておきました。

C57-9.jpg
ボイラーとランボードの間のスリットも有りかなり高度なキットでしたが作り手がこんななので良さが生かされていなくて残念です。
この頃に一連のカツミのキットを組んでその後の製作に多大な影響を与えてくれました。細かいところですが安全弁の上部のポッチが無いとかクロスヘッドのオイルカップが無いとかはありますがピシッとした良いキットです。プレスなんかの精度は一番良かったと思います。ドームもこの頃からロスト製が増えましたが、形が良ければプレスの方が良いかな。
最後のC59は見た事もありませんでしたがその後C62など昔のシュパーブのラインナップにでも進んでくれれば良かったのになーと思いますが夢で終わりますね・・。

昔はキットも説明書どおりに作るのがベストと思っていたので今になってみると色々気にくわないところもありますがまあこんなもんでしょうか?
ボイラーが細いのであまりゴチャゴチャさせるとイメージが狂いそうなのでこんなところですかね。
ちなみに私は細身のC57のような女性よりはC59ぐらいが好きです。まあ、蒸機を女性にたとえて良いのかという基本的な問題もありますが。



つのだ☆ひろさん いい事言う。




posted by しんちゃん at 15:19| 長野 ☀| Comment(2) | 蒸気機関車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

C57改修

ランボード周りの解体 加工 再組み立てをしました。

C57-5.jpg
シリンダーブロックより前が1mm縮まりました。煙室前面がぎゅっと詰まった感じが出ました。

C57-6.jpg
ついでにデッキのステップをエコーのC57用に交換しましたが取付足(湯口ランナー?)が細くてもげてしまい往生しました。排砂管もそうですがもう少し足が太くても良いのではと思います。
フロントカプラーもIMON製に交換。
煙室前面がぐっと後退して煙突との間が詰まった感じが出たので門鉄デフなんかを付けると格好いいんでしょうけどフロントデッキの取付強度がちょっと心配なので普通のデフにします。ただ、元のデフはサイズが合わなくなったので珊瑚のエッチング板。
あり合わせの点検蓋付きなので特定番号機にはなりません。

C57とかC55の門デフがよく似合うのは煙室前にデフが大きく前進しているからでしょうか?煙室が前のめりなC59があんまりにあわないのもそのへんですかね?

ロストパーツなんかを交換するときにいつも思うんですが製品の図面 せめて取付足と本体の基本的な寸法でも明示されていれば計測ミスによる位置のずれなんかはある程度避けられるのでは無いかと思うんですが。




posted by しんちゃん at 13:37| 長野 ☁| Comment(0) | 蒸気機関車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月26日

客車製作中 

先のオハフ スハフ等に続きオハ3両出場しました。

客車室内.jpg
室内は例によってエンドウのプラシートです。ただこのパーツ20コ入りなので61系には2コ不足します。スハフ32とかオハフ33を作れば2コ余るので充当できますがそううまくはいきません。

オハ3両.jpg
取り敢えず3両。

オハ35-2.jpg
オハ35の丸屋根のごく普通のヤツです。 以前張り上げ キノコ 折妻絞りなどは作りましたが、このタイプはカトーのプラ製があったのでついつい後回しになって、ピノチオ 宮沢製以来です。

オハ61-7.jpg
オハ61です。始めて客車のバラキットを組んだのがピノチオのオハ61でした。まだ窓枠がプレスで凹ましてあったヤツ。TMSの中尾さんの記事見ながら必死で作ったものです。この35と61が一番世話になった客車でしょうか?
丸屋根オハフ33と共に35 61はもう少し増備したいところですが手に入るのかしら?

しな鉄新車.jpg
しなの鉄道の新車 試運転中です。慌てて撮ったのでこんな写真になってしまいました。これで長年活躍してきた115系もお役御免ですね。
2両基本編成で両方とも電動車2コモーター。0.5M+0.5Mとでも言いましょうか片台車駆動だそうです。各車にパワトラ1台ずつという感じですか。115に比べると遥かに静かですが、雪にはどうなんでしょうか? 115系のMc+Mcの2両編成のヤツは最強だと言ってましたが。
同じ2コモーターでも上田交通のモハ3121はブリル台車で各台車1個モーター(もちろん片軸駆動)でした。
好みとしてはもう少し明るい爽やかな色にして欲しかったかな。

W氏が健在ならもっと情報があったのに。



posted by しんちゃん at 22:27| 長野 ☁| Comment(2) | 客車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする