2020年01月25日

D50(U)製作中 その23

D50をチンタラとやってます。

D50-56.jpg
デフのステーを付けました。
これも長野工場独自の上方に持ち上がった形です。曲がっている分強度的にはチョット弱いようです。実物はコーナーに補強が入ったりしていますが。

D50-58.jpg
D50298はデフの手すりとつかみ棒両方付いていました。手すりは補強リブに付いてます。

D50-57.jpg
先台車に排障器も付けました。強度を考えてステーは洋白レールを削ったアングルを使いました。
デフは垂直に苦労しましたがステーの曲げ加減で調整出来るので助かりました。

残りの作業も大分減ってきて大所はバルブギヤーとキャブ内機器などです。面倒なところが残っています。
眺めている時間が多くなり また次作のことが気になりだし悶々とし出しています。



posted by しんちゃん at 01:06| 長野 ☁| Comment(0) | D50 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

18688のこと

先日落成した18688の非公式側のエアータンクの位置が気になっていましたがその訳が判りました。

18688-101.jpg
なぜランボードの上に乗っているのか?

何気なく機関車ガイドブックを見ていたら8620の項に載っている68626[佐]が同じようにエアータンクがランボードの上に乗っていました。何十年も前から見ていたのに今気が付きました。と言っても30年以上は見ていませんでしたが。
それでまた何気なく 牧野俊介著 岡山より汽車を求めて を見ていると同じ68626の昭和12年の写真が出ているではありませんか。これを見て合点がいきました。なんと住山式給水加熱器の給水ポンプがランボード下第2・3動輪間に付いていたのです。18688もその位置にステーの跡が付いているので間違いないでしょう。

18688-117.jpg
こんな感じです。他の加熱器の可能性も排除できませんがランボード下にポンプを付けるのは住山式が多かったようで一番可能性が高いのではないかと思います。
住山式を付けた写真でも出てくれば万事解決ですが、ま、取り敢えず引っ掛かりが一つ解消できました。





posted by しんちゃん at 23:31| 長野 ☁| Comment(1) | 8620 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

D50(U)製作中 その22

漸くデフを付けるところまで来ました。

D50-55.jpg
デフは鈴木工房製でまた作るだろうと買いだめておいたものです。
肩の部分の欠き取りは一定していなくもっと大きく欠き取ったもの、角Rのついていないものなど様々なようです。このパーツはかきとりがちいさいほうになるようです。
作れば良いんですけど腕が・・・。

D50-53.jpg
取付部分もシリンダー上部のみランボードに被さっていますがこれも色々なタイプがあります。

D50-54.jpg
もう一息です!が面倒なところばかり残っていきます。




posted by しんちゃん at 01:06| 長野 ☀| Comment(2) | D50 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする