2016年11月28日

D61製作中 その21

久しぶりに一息ついた日曜日なのでブレーキテコを付けてバルブギヤーに進みます。

D61-37.jpg
ここらあたりはいつものD51とほとんど同じです。
あ!これはうまい方法を思いついた,とやってみて以前の作品を見てみるとすでにその方法でやってあって な〜んだ 進歩がないな・・・と。

D61-38.jpgいつも気が重いバルブギヤーですが今回はストックパーツにあった金岡工房のバルブギヤーセットを加工して使いました。
作ったのは偏心棒のみ。だいぶ楽をしました。
クロスヘッド 加減リンクとリタンクランクはいつものニワ製。
金岡のバルブギヤーがスリムなのでドロップ製のメインロッド・サイドロッドは少し削って形を整え細くしています。

D61-39.jpg完成間近!!と言いたいところですが弁装置はまだ片側のみしか出来ていないのでもう一息です。
と言ってもテンダーの配管など全く手が付いていないのでまだまだやることがあります。チンタラやっているとやるべき事を忘れそうなので気合いを入れてやらねば。

今月のTMSにa8025さんの作品が入賞していました。それも3両! おめでとうございます。
最後の仕上げまで手を抜かずにキレイに仕上げられています。見習いたいところです。
自分はと言えば作りたいテーマが出来てしまうと後は軽く流してでっち上げてしまうしフィニッシュの荒さもウエザリングしちゃえばいいやと言う感じなのでコンペどころではありません。
いつかは・・・・・?






posted by しんちゃん at 01:03| 長野 ☀| Comment(1) | D61 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

ワム80000

怒濤の2週間がやっと終わりやっと一息。
気分転換もかねて安達のワム80000をちょいと作って見ました。
ワム80000-1.jpg
一気に数両転籍してきたうちの1両を組んでみました。
このキット調べて見ると昭和56年製らしく説明書に 昭和56年現在2万両を超してなお製造が続けられている我が国最大両数を誇る貨車 との記述があります。
その後再生産はされていないような気がしますがどうでしょう?

模型でのつきあいはエンドウの白く塗られた鮮魚輸送用ワム580000を買ったことがありました。後はホビーのプラキットを作りましたが新型車があまり好きではないのでそれ以降は増備ナシでしたがよくよく考えると昭和35年登場ですからワラ1やキハ82よりも古いんですね。
キットの方は車体外板はすべてガラ打ちでデティール工作は必要なし。手すりを細い線に変えただけでぱぱっと完成。
下回りは安達のパーツがイマイチ合わないので天賞堂のダイキャスト製軸受にメタルを打って日光製の黒車輪と使いました。
このパーツもう底をつきそうなのでどうしよう?
まだ数両あるので困った。
場合によってはワールドのパーツかな?
しかし この貨車 割と軸距が長いので固定軸ではない安達のパーツを使った方が安全だったかな? 安達の車輪の方がハイフランジだし。

実物の方は数年前に終焉を迎えたようです。最後のお仕事の紙輸送もコンテナ化されたらしいです。これで営業用2軸貨車はthe end.
子供の頃 踏切で貨車の数を数えたのが懐かしい。
C56159.jpg
小諸駅の小海線貨物。機関車の次位がワム8 右側にはカ3000なんかも写っています。

18688飯山.jpg
冬の飯山駅です。又々次位はワム8 ホントにどこでもいました。

飯山つながりで
C11飯山.jpg
19日の飯山駅。K氏が送ってくれました。上の写真から45年ほど月日が流れています。
ワム8のキットは35年前のだし C56の隅に写っている少年は立派な禿げ親父になっているし(うちの弟)いつの間にか時は流れています。
光陰矢のごとし 少年老い易く学成り難し このままじゃ思い描いている模型世界なんか実現出来るのだろうかと考えてしまいます。




posted by しんちゃん at 00:51| 長野 ☀| Comment(0) | 貨車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

倶楽部の運転会

久々に倶楽部の運転会がありました。
ここのところ珍しく仕事に忙殺されていたので準備不足で試運転がメインになってしまいました。

運転会.jpg

会の規約によっては未完成車は走行禁止なんて言うところもあるようですが・・・。
あんまり見たとこは良くないですね。
C60一応試運転はokだったのでそろそろ塗装をしようと思います。
もう1両C50も試運転をしましたが 先台車にイコライザーを掛けてしまったせいか粘着力が足りない感じ。要改良。
C型機の場合 第一軸を中央で一点二・三軸にイコライザーを掛けて三点支持にしますが第一軸の動きがそのまま車体に伝わるので走行中の揺れがキレイではないので先台車にもイコライザーを掛けてみましたが牽引力は格段に落ちてしまいます。どうしようかな?

dd16300.jpg
冬の便りも登場。プラ製の完成品でよく出来ています。走行性能は同じプラでもトミックスやカトーにはまだまだ及ばないようです。フライホイールでも入れればだいぶ違うんでしょうけど。
うちのDD15 は・・・



posted by しんちゃん at 22:13| 長野 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする