2016年09月30日

D61製作中 その10

今日は珍客の訪問がありました。

アオダイショウ-1.jpg
一年に一度くらいは現れるアオダイショウさんです。
庭の梅の木にいたり茂みの中にいたりしますが同じ個体のような気がします。約2m弱。
いつも蛇が大嫌いなかみさんが見つけます。なんか背中がゾゾっとして振り返ると蛇が居るそうです。
なんか良いことあるかな?

で、D61はキャブ内進行中。

D61-14.jpg
座席の後ろの変な形の手すりを付けました。ドアーの開口ぎりぎりになったのでドアー自体シビアな寸法を出さないと隙間が空いたり締まらなくなりそうです。

D61-15.jpg
例によってこんな構成です。
開放型キャブと違って外からは中があんまり見えないので作り込んでも自己満足になってしまいそうです。
あとは 逆転ねじ、加減弁ハンドルなどを付けるくらいで終わらせたいところです。








posted by しんちゃん at 00:37| 長野 ☀| Comment(0) | D61 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

D61製作中 その9

キャブ下の端梁をチマチマと作っています。

D61-13.jpg
図面がないので写真から適当に解釈して作りました。
空気分配弁は北海道型のカバーの付いたパーツが付属していましたが昭和40年代初頭まではカバーが無いようなので普通型を付けました。また逆止弁も普通型です。 留萌の方は海辺だからか内陸の方よりは寒くなかったのでしょうか?

組み立て用のビスが後ろから見えるのがいやなので、台枠後部とどう取り付けるかもう少し頭を悩まさなくては。

これらの写真を撮るのに使っていたコンデジが壊れてしまったので今は Nikon D200を使っていますがマクロレンズがないせいもありイマイチ不便なのでついにケーズデンキとヤマダ電機に行ってきました。
しかし!価格的に手頃なコンデジは軒並み在庫切れ 入荷もいつになるか分からない!! 数万円以上の比較的高級なモノはありますがお目当ての2万3万ぐらいのものはナシ。
熊本地震の影響は大変なものですね。お店の人の話によれば、ソニー熊本工場の被災のためだそうですがほぼ全ブランドに影響しているとのことです。なんてこったい!
カメラ屋ならあるかと思ってキタムラにもよってみましたがほぼ携帯屋になっていました。
で、旅行に持って行きたいカミさんにせっつかれて在庫のあるネット通販で買うことにしました・・。
パソコン壊れた時もそうでしたがちょっと変だなと思ったらすぐ手を打った方がいいですね。完全にダメになってからでは遅い。
どうせダメになるのだから早めに手を打っておけばもっといろいろ選択肢があったですね・・・。同じ値段でもうワンランク上のが買えたし。
デジカメも変だなと思ったのは熊本地震のだいぶ前だったし,パソコンの時も専門店に頼らざるを得なくなり結構な出費になってしまったし・・・・。

どうも毎日天気が悪いので愚痴っぽくなってしまいました。


posted by しんちゃん at 01:14| 長野 ☀| Comment(0) | D61 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

D61製作中 その8

煙室前面と 空気作用管を進めました。

D61-12.jpg
煙室前面は付属パーツはどうも使う気が起こらず自分で挽き出しました。
サンゴのロストの前面も扉開口部の膨らみがなくちょっと残念です。ニワのは寸法違いでボツ。
一応図面に近い寸法で挽いてみたつもりですが扉の膨らみなどはうまくいっているか塗装してみるまで分かりません。ちなみに扉の膨らみのRはヤスリを折って作ったバイト?を手持ちで削りましたので均一なRになっているかはよく分かりません。
ヒンジなどはエコーのパーツを使うつもりです。
作用管もやっとこ付けました。北海道独特の隙間の空いた作用管受けは金岡工房のパーツ。
管を配置してから押さえられるので使い勝手はいいです。しかし継ぎ手など毎度毎度苦労しますがさっぱり上達せずスッキリ出来ません。オーバースケール気味なT字継ぎ手など使わなければもっとスッキリ行くんでしょうが元栓の間が詰まっているのでちょっときびしいですかね。
1/87をやっている人なんかはこれより1割方小さいので大変でしょうね・・・。

作用管と前面の作成が済むと一気に霧が晴れたような気がします。
北海道型のパーツもそろそろ調達開始しなければ。


posted by しんちゃん at 00:11| 長野 ☀| Comment(0) | D61 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする