2016年01月30日

C50製作中 その19

エンジン部の工作がだいぶ進みましたのでテンダーの方も進めます。

C50-35.jpg梯子は作り直しました。
上の方の取付部分のねじれているところがいつも与太った感じになってしまいイマイチですが、実物も苦労しているのかヨレッとしているものが多いのでこんなモンでしょう。
昔はテンダー背面のヘッドライトは付いていない物が多かったようですが、小運転対応と言うことで付けてみました。

C50-34.jpg
デッキ下の蒸機管が見慣れないパーツです。エンジン部と連結出来ないのが残念です。給水管なんかもそうですが、柔らかいシリコンチューブか何かで出来ないもんでしょうか?

C50-36.jpg
ブレーキパーツはしっかりしたパーツが付いていました。
エンジン部のブレーキテコなんかより立派です。小さな釣り合い梁もちゃんと作り分けて3種類あります。
エンジン部のパーツも手を抜かないでちゃんと作って欲しいものです。
しかし9600と共用か制動軸の2本のアームが省略されていますが、目立つので追加しておきました。
取付位置は調整が必要で台枠部を削ったりしなければなりませんでした。

ニャンコ.jpg
いつまでも模型やってないで早く寝よ〜よとニャンコが邪魔しに来たので今日はこの辺で・・・。





posted by しんちゃん at 01:01| 長野 ☔| Comment(0) | C50 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

EF651118かな?

昨日車に乗ってラジオを聞いているとなにやら聞き覚えのある声が・・・。
もしやと思って車を止めて最後まで聞いているとやはりW氏!
びっくり。

EF651118.jpg
そんなわけで、久しぶりのW氏の写真です。
長野工場に取り込まれたEF651118です。
まだまだ綺麗そうに見えるのに廃車。
情報によると故障で立ち往生。そのまま修理される事なく廃車が決定。
既に解体されたようです。
1978年生まれですから享年37歳。EF65としては長生きなほうでしょうか?
でもまだ1000番台はたくさん残っているのに 余剰気味なのかな?
D51なんかも大体そのぐらいですからそんなもんなんでしょう。しかし走行距離はD51なんかとは比べものにならないくらい多いんでしょうね。
しかし一見まだまだいけそうに見えるのにもったいないですね。

以前は我が家の前をこんなのがよく回送されていったのですが、しな鉄になってからはこういったものがさっぱり通らないのでつまらなくなりました。



posted by しんちゃん at 00:12| 長野 ☀| Comment(1) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

C50製作中 その18

寒い日々が続き引きこもり状態ですが工作はボチボチ。
ブレーキ関係を進めました。

C50-31.jpg
付属のブレーキ梁はちょっとアレなのでウイストのC51用を付けてみました。
エコーのパーツで作ろうかとも思ったんですが実物はどうなのか詳しい資料がないのでどうせ違うのなら手を抜いてパーツ流用でお茶を濁しました。
問題の火室部分のラッギングも下回りに固定される火室側に付けました。

C50-30.jpg
ブレーキ関係が付くと下回りがしまって格好良くなります。
制式機は非公式側が割とさっぱりしていて物足りない感じがしますがC50は逆にこちら側がさっぱりしています。給水ポンプのないカマは違いますが。

ナンバーはどうしようか? 形式入りのもいいなと思う今日この頃です。

なんか奄美大島で115年ぶりの雪とか。さすがに沖縄では降らなかったようですが台湾は降ったとか。
アマミノクロウサギもこごえているのかな?



posted by しんちゃん at 00:33| 長野 ☁| Comment(0) | C50 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする