2015年10月28日

青大将 ”さくら” 

秋深し 秋の味覚がやってきました。

紅玉と梨.jpg
庄吾ちゃんが紅玉と洋梨を持ってきてくれました。
ちょっと前に秋映えを庄吾ちゃんと倶楽部のムーさんからもらいました。

紅玉は久しぶりです。足が速いので最近はあんまり流通していないようですがこのりんごの酸味のきいた味が大好きです。
ジャムにしてもおいしいし。

さくら 客車.jpg
本業の方は”さくら”の整備を再開しました。
ちょっと前の天賞堂の”はと”青大将編成を組み替えて”さくら”にします。
44系のハザにナロ10 マシ29 100を加えた編成です。
既成のスハ44たちはシートと室内灯を追加。
増備のナロ10,マシ29 スハフ43はフジのキット組です。
天賞堂製品に合わせてディテールは控えめの予定です。

マシ29室内.jpg
マシの食堂は安達のパーツ。厨房内はどうせ見えないので今回は省略。

マシ29-100.jpg
ナロ10に挟まれた丸屋根3軸ボギー車と言うのもおもしろいでしょう?

お料理セット.jpg
模型ショーで売っていた テーブル上のお料理セット でも乗せてみようかな。
乗客の方は知り合いの欧州型のレイアウトを作った人が 運転を終えて 留置線で電灯の消えた客車の中に乗客がいるのを見ると気味が悪い と言っていたのを聞いたのでちょっと乗り気薄です。

サウンドもそうなんですが中途半端にリアルだとかえってイメージが壊れてしまう気がします。
モーターやギヤーのうなり程度の方が想像力がプラスしてかえっていいかも。
もっとも最近のは無音に近いですが。




posted by しんちゃん at 23:08| 長野 ☀| Comment(0) | 客車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

やっと落ち着いたので

今月は色々あって参りました。
親戚のお見送りが2件と身内の婚礼で落ち着かない日々が続きましたが漸く一区切り。
これで気持ち的にも落ち着いたのでそろそろ開店休業中の工場も再開せねば。

その前にチョット昔の写真を

上田交通千曲川橋梁-1.jpg
上田交通の混合?列車です。
モハ5250の牽くワム50000です。
後ろの雲の掛かった山はうちの親父ら上田人の心の山 太郎山。

上田交通モハ5251+ワム50000.jpg
上田に出張に行ったついでに親父が撮った写真です。
上田駅でこれを見つけて千曲川橋梁,対岸まで撮りに行ったらしいんですが、歩きだったはずなのに良く間に合ったなと。
歩くのは好きでしたが。
長野電鉄沿線の小学校に行っていたW氏は長電でも良く電車が貨車を牽いているのを見たようです。
ワム一両ぐらいなら電車で牽いて行っちゃったようですね、あちこちの小私鉄ではあったようです。
この電車のキットも確保しているのでチョットの片手間でやってみようかな?たまには目先の違うモノと言うことで。

24日に模型ショーをチョット、小一時間ほどのぞいてきましたがお目当ての蒸機関係などは皆無に等しく残念。
蒸機のキットなんて作っているのは珊瑚と安達だけになちゃったし仕方ないですね。
TMSだって蒸機の記事のない号の方が多いような感じだし、時代遅れの男になっていくようです。
96や86はもう100年前の機関車になっちゃいますね。
明治は遠くなりにけり どころか大正も遠くになっていきます。大正生まれの叔父叔母も少なくなってきました。



posted by しんちゃん at 22:24| 長野 | Comment(0) | 昔の鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

ちょっと関西まで

いろいろドタバタしていますがだいぶ落ち着いてきました。
弔事があって 島の始まり、淡路島へ行ってきました。

しなの.jpg
朝一番のワイドビューしなのに乗って名古屋へ。
ほぼ三時間。久しぶりにこんな長時間在来線に乗りました。
新幹線に比べると運賃安いですね。
車窓もゆっくり眺められてなかなか良かったです。
中央西線では昔D51を撮りに行った頃の痕跡を探して凝視。
ロングレールでないところもたくさんあってなかなか良かったですが 遅い!(新幹線と比べて・・)
でも昔はD51の旧客やキハ58系に揺られてのそのそと走っていたことを思えば雲泥の差です。
只編成が短いので後ろの方に乗ってもカーブで先頭の方の車両が見えないのでチョット寂しい。
昔は線路伝いに歩いたりしましたが今は草が生い茂っていたりで歩けそうにはありません。列車も静かだし速いので危険でしょうね、草むらに音が吸い込まれて余計に。
当時はあちこちの駅に貯木場がありましたが今は保線機械の基地になったりしているようです。
中津川機関区も住宅になっていました。

明石大橋.jpg
名古屋で車に乗り換えて明石海峡大橋経由で一路淡路島へ。
昔はフェリーで大変だったとか。
用事の済んだあとは神戸で一泊。
外出もせずに。ちょっと残念。連休の中日でホテル確保に一苦労。
戦時中、亡母が学徒動員で働きに行っていた川西航空機の話を聞いていたので見に行ってみたかったんですが急なこととて断念。二式大艇を作っていたと聞いたんですがどこの工場だったのかな?今の新明和かな?
阪神大空襲の時はそこに居たそうです。
もっと詳しく聞いておけば良かったンですが神戸に土地勘もないし、母は震災のあと一度行ったらしいのですが変わってしまってさっぱり判らなかったと言っていました。

快速.jpg
三宮からはこいつに乗って移動。
東京に比べると人が少なくてちょっと安心。
電車は皆、転換クロスシートでこれは関西省電の名残?
阪急電車にも乗ってみたかったんですが断念。

姫路城.jpg
で、ちょっと足を伸ばして姫路城まで。
思ったほど白くもなくなかなか美しいお城でした。
昔 城郭まで出来たプラモデルがあって感激した覚えがありますが周辺までこんなに残っているのはこのお城が一番ですか?

ニャン太.jpg
れーるぎゃらりーろっこうとかもっとあちこち見たかったんですが急なことでこいつを預けて来ていたので慌てて帰路に。


帰りは姫路からひかり、のぞみ,しなのを乗り継いで長野まで。
かみさんはのぞみでそのまま東京へ。
N700系でしたがアナウンスで断りを入れるだけあって乗り心地は凄く良かった。
びっくりしたのはのぞみが3〜4分の違いであとを追ってくること。
京都に着いてそろそろ発車かと思うまもなく隣のホームに後続ののぞみが到着。名古屋でも。名古屋では姫路から新大阪まで乗ったひかりに追いつきました。
新大阪でのぞみに乗り換える時駅員に名古屋に止まるか聞いちゃいました。馬鹿ですね〜鉄ちゃんとは言えませんね、これじゃ。
時刻表すら持っていないというアホ旅行でした。
このあいだ携帯壊れた時 iPhoneに替えておけば良かったのにとかみさんに小言を言われましたが・・・・・・ホントに鉄か、とも。

本当はしなので関ヶ原を越えて帰ってきたかったんですが。

今回珍道中寸前ながら感じたのは新幹線の輸出の話。 たしかに高度な技術かもしれませんがインドネシアやタイなんかではオーバースペックなんじゃないかな?
昔のED54みたいに。





posted by しんちゃん at 00:18| 長野 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする