2019年03月23日

ハチロク製作中 その11

フロントビームを作りました。

18688-20.jpg
キットのものはエッチングのリベットで少々物足りなかったので洋白板を切り出しリベットを植えました。
寸法 形態も18688に合わせました。キットのものとは切り欠きの勾配なんかが違います。
デッキ廻りを仮組みして寸法などのチェックをします。 フロントビームにカプラーを付けるときいつも思うのですが 何とかカプラーをスケール道理の高さに出来ないかなということ。
ケーディーカプラーのしっぽが無くなったのだからもう少しあげても良いようなもんですが自動開放できないIMONカプラーだと外すとき持ち上げなければならず客車の幌や開放テコに当たって開放不能になります。実証済みでこれであきらめましたが・・・・。

ついでにフロントデッキとランボードの繋ぎ目にもリベットを植えておきました。バルブ点検蓋は省略してしまいましたが。
煙室サドルはロスト一体で具合がいいんですがせっかくなら煙室とのと取付ボルトを付けて欲しかったです。どうやって植えたらいいのかしら?ちょっと大変そう。


posted by しんちゃん at 19:18| 長野 ☁| Comment(0) | 8620 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

ハチロク製作中 その10

下回りは一旦置いておいて上回りの検討に入りました。
幅の件でチョット悩んでいました。

    18688.jpg
ハチロクは幅が2500mm程度とD51等と比べると300mm程スリムです。(D51のフロントビームは2600ですが模型は全幅と同じになっています)
で、最近の傾向として16番でも幅を詰めてよりスケール感を出そうということのようです。
40年ほど前、珊瑚からでたハチロクのバラキットを組んで幅の広さに愕然としてまたバラして13mmに改造して組み直したという経験があります。当時は実物が目の前から消えてまだ数年という次期だったので余計そう感じたのでしょう。特に陸橋の上から入れ替えをやっている所を斜め上方から見ることが多かったのでその印象が強かったんだと思います。

86&67-1.jpg
珊瑚のハチロクとマイクロキャストの6760です。
幅は86が34.5mm 67が31mm
6760の方がボイラーが約1mm高くなっていて煙突も継ぎ足しで高くなっているので余計86が広く感じられます。
ただ当然ながら狭軌感は86かな?
86&67-2.jpg
上から見るとこんな感じ。

86&67テンダー-1.jpg
テンダーです。
86&67テンダー-3.jpg
やはり上から。よく言われるように全く別物のように見えます。
86なんか大型機と変わらない感じです。

6760-1.jpg
と ここまでは幅を詰めた方がいいことばかりなんですが6760のサイドビューを眺めていると幅が狭い分動輪やクロスヘッド廻りが近くなって英国型のような印象です。写真だと立体感がでないのですが どうもしっくりしません。こんなことをここのところ考えていてさっぱり進みませんでしたが幅はキットのままの34.5mmでいくことに決めました。 
”陸蒸気からひかりまで”のイラストではありませんが横から見たときの印象を大事にしたいというのもあって正面は犠牲にします。シリンダーが丸くなくなるのもなんですしね。



ところで今回18688の写真を探してパソコンに取り込んでいないプリントなんかを見たんですが、結構シャープで見直しました。パソコン上のものはネガからスキャナーで取り込んでいるんですが解像度シャープさがイマイチで昔は下手だったからしょうが無いなんて思っていたんですがプリントは結構はっきり出ていて元はこんなにいい写真だったんだと見直しました。ネガも大分劣化してはいるんでしょうね。8X10位に再プリントしてスキャニングし直せばいいかもしれませんが暗室セットがどうなっているか・・・。
posted by しんちゃん at 23:25| 長野 ☔| Comment(0) | 8620 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

ハチロク製作中 その9

漸くバルブギヤーが出来ました。

18688-18.jpg
リターンクランクも0.8t洋白板から削り出しました。加減リンクはキットのものそのまま 偏心棒は外形を整えて流用。

18688-17.jpg
リターンクランクが薄くなったので棒類の平行がでて割とスッキリ出来たんではないかと自画自賛。

18688-19.jpg
同じ物を量産するのが苦手で2個目は先のものの踏襲なのですが気持ちが先走ったりして失敗することが多く幾つか余計に作りました。
諸先輩方の作品を見るとこれが1/80と思うくらい精巧な工作をされていますが私はこれが限度。技術もですが気持ちが付いていきません。弱ってきた目にはこの程度で十分と慰めています。でもキットのままよりは大分良くなったんではないかい?


posted by しんちゃん at 01:50| 長野 | Comment(0) | 8620 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする