2018年07月19日

D52製作中 その20

テンダーで手こずっています。

D52-41.jpg
前妻板に加工中なんか取り出し口が低いと思って図面と合わせたらやっぱり低い。追加工分の寸法ばかり気にしていて既存部の寸法は当たっていなかったのが敗因です。
そう言えばキットのキャブ床もストーカーなしの2段になったD51のような形になっていました。それに合わせて取り出し口も低かったんですね。作り直します。日曜日一日無駄になりました。

D52-42.jpg
前デッキと共に作り直しました。 あんまり力んでもそれ程は見えなくなってしまいます。取り出し口は左にオフセットしているんですね。
色々なパーツが出ていて助かりますが・・パーツの見本市・・・?

D52-44.jpg
機炭間もストーカーエンジンが付き締まって見えるようになりました。

D52-43.jpg
テンダーのフレームも付き見栄えが良くなりました(自画自賛)

煙室ハンドルと先輪担いバネが行方不明になっていましたがハンドルは漸く見つかりました。が、バネの方は片方不明。もうだいぶ経ちますが出てくるんだろうか? あきらめて他のパーツを付けるべきか?




続きを読む
posted by しんちゃん at 01:01| 長野 ☀| Comment(0) | D52 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

出張で遭遇

あちこち出張に行くW氏。行く先々でイレギュラーなものに遭遇。どうも出張をそこにぶつけているのではないかという疑惑が以前からささやかれていましたが今回送ってもらった写真でますます疑惑が深まりました。

IMG_1592.JPG
なんとLSEのラストランに遭遇。明らかに狙ったようなカット。
しかし実物音痴な私はこの写真見てまだこんなの走っていたんかい!と思いましたが私がよく見ていたのはNSEでした。
それでもこの車も38年とやら。結構な長寿車です。

IMG_6400.jpg
こんなのも普段走っていないだろうに良く会いました!?
何か500系この塗装の方がに会っているような気もします。
もう昔ですが 雨の名神を走行中 平行する木曽川橋梁上を水煙を巻き上げながら走り去っていった飛龍のごとき500系に遭遇。このときはなんて格好いいんだと思わず脇見しながら見入ってしまいました。乗る機会は無いでしょうが残しておきたい逸品ではあります。
最近は滅多に鉄道旅行はしないので会う機会もありませんが、出会いを期待しながら旅をするのもいいかも。





続きを読む
posted by しんちゃん at 23:22| 長野 ☁| Comment(0) | W通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

D52製作中 その19

デフが付き漸くD52らしくなってきました。

D52-40.jpg
表面をキレイにして小口の裏を削って厚みを薄く見えるようにしておきました。手すりもイモ付けでは取れやすいので縁に穴を開け差し込んであります。

D52-38.jpg
煙室前面も取り付け。
前板は挽き直しましたがチョット厚くなりました。まあそんなに見えないで良しとします。
煙室戸はニワのパーツそのまま。
一応開閉式ですがあんまり意味は無いかな。中を作るかライトのスイッチでも入れるかですね。
ボイラーが太くウエイトも余裕ではいるので中を作るのもいいかも。

D52-39.jpg
あちこち寸法が合わず一時はどうなるかと思いましたがまあまあの線は出たんではないかい?

前半分は大体出来ましたが、問題はキャブ下の台枠関係の処理です。脱着式のキャブ床と配管の関係。悩みは尽きません。







続きを読む
posted by しんちゃん at 12:22| 長野 ☀| Comment(1) | D52 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする